WRCベルギー:勝田貴元、WRC初開催のベルギーでリタイアするも大きな学び – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCベルギー:勝田貴元、WRC初開催のベルギーでリタイアするも大きな学び

©TOYOTA

TOYOTA GAZOO Racing WRCチャレンジプログラムに参加中の勝田貴元が、8月13日(木)から15日(日)にかけてベルギー西部のイープルを中心に開催された、2021年FIA世界ラリー選手権(WRC)第8戦「イープル・ラリー・ベルギー」に参戦。今回は代理のコ・ドライバーであるキートン・ウイリアムズとともに出走し、総合6位につけていたものの、デイ2のSS10でコースアウトを喫し、リタイアとなった。

(以下チームリリース)


イープル・ラリー・ベルギーは、今年初めてベルギーで開催されたWRCイベントでしたが、ラリーとしての歴史は古く、初開催は1965年まで遡ります。ベルギー西部の都市イープルを中心とするこのラリーは、主に農道を舞台とするターマック(舗装)ラリーです。直線または直線的なコーナーをジャンクション(交差点)で繋ぐストップ&ゴーのステージが多数あり、ハイスピードでありながら狭い道幅を走行します。また、舗装されていない路肩にタイヤを落として走るインカット走行が可能なコーナーが多くあるため、路面に泥や砂利が掻き出され、グリップレベルを把握するのが非常に難しいラリーとして知られています。

勝田がこのラリーに出場するのは今回が初めてであり、ミスをしやすいトリッキーなステージが多いため、他のラリーよりもやや保守的なアプローチでラリーをスタート。ベルギー特有のターマックロードで経験値を高めることを最優先しながらも、初日のデイ1を総合7位で走破しました。そして競技2日目の土曜日、勝田は最初のSS9でひとつ順位を上げ、総合6位につけましたが、2本目のSS10を走行中、路面のバンプ(凹凸)でクルマのコントロールを失い、ハイスピードで側溝に突っ込み、クラッシュ。幸いにも、勝田と今回初めて実戦でコンビを組んだウイリアムズに怪我はありませんでしたが、クルマは大きなダメージを負い、勝田は翌日の再出走を諦め、今大会のラリーからリタイアすることになりました。

勝田貴元
とても難しくて、厳しいラリーでした。グリップレベルを予測するのは非常に困難で、道に掻き出されたグラベルのせいでさらに難しいセクションもありました。そのためステップ・バイ・ステップで前に進む必要がありましたが、金曜日には多くのことを学び、新しい経験を積むことができました。土曜日は、いくつかのセクションでもう少しプッシュして、ドライビングのフィーリングを高めたいと思っていましたが、残念ながらSS10を走行中、ステージのスタート近くの、高速でありながら道幅の狭いセクションでクラッシュしてしまいました。いくつかバンプがあったのですが、クルマが着地して下に押しつけられた状態になった時、コーナーを曲がりきれず側溝に突っ込んでしまいました。大きなクラッシュだったにもかかわらず、二人とも無事だったのは幸いでしたが、ラリーにおいて、そのようなミスは絶対に許されません。チームには本当に申し訳なく思っています。とても残念ですが、今回の経験で勉強になりましたし、もっと強くなって戻って来るつもりです。

ユホ・ハンニネン(インストラクター)
イープルは他のラリーに比べて非常に難しくて独特なので、ラリーをスタートした時にタカはあまり自信を持てていませんでした。私は彼のアプローチを尊重し、あまり早い段階からプッシュせず、スピードを上げるまでに少し時間を要することを受け入れていました。しかし、このような道では、ほんの小さなミスが大きなアクシデントに繋がる可能性があり、残念ながらそれが実際に起こってしまいました。彼は、少しラインを外しただけでしたが、限界まで攻めていなくても、こういったことは起こり得るのです。これもまた学習の一部ですし、タカは今回良い経験を積むことができたと思います。道幅が狭いターマックではあまり自信を持てなかったようですが、次回、同じようなステージを走る時には、たとえそれがイープルでなかったとしても、今回の経験を生かしてもう少し楽に走ることができるでしょう。

Result
1 ティエリー・ヌービル/マーティン・ヴィーデガ (ヒュンダイ i20クーペ WRC) 2h30.24.2s
2 クレイグ・ブリーン/ポール・ネーグル (ヒュンダイ i20クーペ WRC) +30.7s
3 カッレ・ロバンペラ/ヨンネ・ハルットゥネン (トヨタ ヤリス WRC) +43.1s
4 エルフィン・エバンス/スコット・マーティン (トヨタ ヤリス WRC) +49.6s
5 セバスチャン・オジエ/ジュリアン・イングラシア (トヨタ ヤリス WRC) +55.8s
R 勝田貴元/キートン・ウイリアムズ(トヨタ ヤリス WRC)

次回のイベント情報
勝田のWRC次戦は、9月9日から12日にかけてギリシャで開催される「アクロポリス・ラリー」です。このラリーはWRC初年度の1973年からシリーズに組み込まれた伝統あるラリーですが、しばらくWRCとしての開催はなく、今年8年ぶりにWRCを迎えることになりました。ギリシャ中部の都市ラミアを中心に行われるこのラリーの路面はグラベル(未舗装路)で、非常に荒れたステージが多いラフグラベルラリーとして知られ、勝田にとってはまた新たなチャレンジとなります。

ヘルメットのペイントはじめました!