WRCポルトガル:オジエ「残しているニュータイヤをうまく使わなくては」デイ2コメント集 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCポルトガル:オジエ「残しているニュータイヤをうまく使わなくては」デイ2コメント集

©Toyota Gazoo Racing WRT

ラリーポルトガル、デイ2終了後の各ドライバーからのコメント(抜粋)。ヒュンダイ勢のツートップがデイリタイアするなどドラマの連続で順位にも大きな変動が見られた中、今季3勝目を狙うオジエは、最終日のためにニュータイヤを残しており、これをうまく活かすためにどのような戦略をとるかが勝負の分かれ目になることを重々承知しているようだ。
(カッコ内は順位の前日比)

[トヨタ・ガズーレーシングWRT]
トヨタ・ヤリスWRC

■エルフィン・エバンス/総合首位(↑)

Toyota Gazoo Racing WRT

「今日を終えてラリーをリードできていることは、すごくいい気分。全体として、自分たちは今日はかなり順調だった。午前のループの序盤はリズムをつかむのに少し苦戦したが、その後は比較的満足のいく内容だった。コンディションはかなりタフだったが、なかなかいい感じで乗り切れたようだ。もちろんオィットのことは残念に思うが、これで自分たちは好位置についた。まだ接戦なので明日が勝負。トリッキーな1日になるだろう。でも、最終日のステージを楽しみにしているし、絶対に最高の走りを見せるよ」

■セバスチャン・オジエ/総合3位(↑)
「自分たちにとっては厳しい1日だったが、少なくとも少しは順位を上げることができた。これはポジティブな点で、ポディウム圏内にまで戻ってきた。自分たちはトラブルを避け切れたことが大きな要因だが、これもこの競技の一部。もちろん、自分の今日の内容には満足することはできない。思うようなペースを出せていなかったからね。これは、走行順が原因である部分もある。今日もかなり砂利掻きをしなくてはならなかったからね。でも、いいタイヤ選択ができたところもあった。明日のためにニュータイヤも少し残しているので、一番いい状況で使わなくてはならない」

■カッレ・ロバンペラ/SS14後にデイリタイア
「今日も午前中のループはかなり難しかったが、午後のループはグリップが高くなってマシンをすごく楽しめた。すべて通常どおりに動いていたし、タイムもよかった。だから、最初のループのようなよりスリッパリーなコンディションでのフィーリングをつかむことが、自分の課題になっていると思う。残念ながら、午後の3本目の前でテクニカルなトラブルでデイリタイアをしなくてはならなかったが、もちろん、できる限りポイントを獲れるよう狙っていく」

[ヒュンダイ・モータースポーツ]
ヒュンダイi20クーペ WRC

■ダニ・ソルド/総合2位(↑)

Hyundai Motorsport GmbH

「今日の僕らの目標は、3番手を守るだけでなく上を目指し続けることだったので、上位のトラブルで上がった部分もある。最終ステージではスターターモーターに何らかのダメージが起きたので、エンジンがストールしないか少し心配だった。スーパーSSではいいグリップが感じられたので、クリーンな走りを維持してあまりタイムをロスしないように努めた。最終的にエバンスとの差も詰めることができたので、これでもう10秒差だ。今日は彼の方が少し速かったが、明日はまた別の1日だし、ステージも違う。今晩は慎重に作業をしなくてはならない。自分は勝ちたいので、どうなるかな。全開でアタックするよ」

■オィット・タナック/SS14でデイリタイア
「リタイアする時点までは本当に順調で楽しかったので、こんな1日の終わり方は素晴らしいというにはほど遠い。マシンの中では本当に楽しめていたし、いい仕事ができてすべてがコントロールできていた。残念ながら今日はリタイアしてしまったが、チームがマシンを直してくれることを願っている。そうすれば明日、いくらかでもポイントを獲得する戦いに戻れる」

■ティエリー・ヌービル/SS11後にデイリタイア
「まず、今日のステージに戻るためマシンを準備してくれたメカニックたちに心からの感謝を伝えたい。あの限られた時間の中で簡単な仕事ではなかったと思うが、今回も最高の仕事をしてくれた。残念ながらまだ解決していない問題が残っていてドライブするのが難しかったので、チェックのために日中サービスでリタイアを決断した。昨日が残念な結果だったので、このことで展開に影響することはいずれにしてもないからね。自分たちのターゲットは、まだ明日のパワーステージでドライバーズ、マニュファクチャラーズ選手権のためにポイントを獲ることに定めている」

[Mスポーツ・フォードWRT]
フォード・フィエスタWRC

■アドリアン・フルモー/総合5位(↑)
「フィエスタWRCでグラベルを走るのはとにかくアメージング。今日のステージは本当に素晴らしくて、思い切り満喫したよ。走行順が最初なのは簡単ではなかったし、2ループ目はもっと悪くなったと思う。2WDマシンのラインができていたからね。だから、適切なドライビングスタイルとセッティングを見つけるのが難しかった。かなりタイムをロスしたが、先頭で走行することもこの競技の一部だし、今後のためにもいい経験になった。全体として、最後のロングステージではいいペースが出せたので満足していいと思う。正直、本当にタフな1日だったが、すごく楽しかったし明日もまた経験を積めるのが待ち切れないよ」

■ガス・グリーンスミス/総合6位(↑)
「午前の最初のステージでは、なかなかいい走りができた。次のステージでは躊躇してしまったところがあり、午前の最後のステージではかなり危ない場面があって5秒ロスした。あれで少し動揺したが、かなり早いうちにリズムを取り戻せた。午後はもっと展開を進めたいと思っていたので、マシンにトラブルが起きてしまったことはもちろん残念。でも、できる限りの対応をしてロスも最小限に抑えたので、ここは重要なポイントだし喜んでいい部分だと思う。明日はタイムを取り戻すことに努める。トップ5もまだ視野に入れられるのはポジティブなところだね」



ラリプラメンバーズ2021