WRCクロアチア:WRカーデビューのアドリアン・フルモー「プレッシャーはない」 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCクロアチア:WRカーデビューのアドリアン・フルモー「プレッシャーはない」

©M-SPORT

今週のWRCクロアチアでWRカーデビューを迎えるMスポーツ・フォードのアドリアン・フルモーは、シェイクダウンを7番手で終えた。上位陣の誰もが初参戦というラリーであり、経験に対するハンデは多少なり軽減される。最高峰レベルでのデビューを飾るにあたって、これ以上の舞台はないだろう。

フランス出身25歳のフルモーは独自の取材に対し、WRCのレギュラードライバーたちが走行したことのないステージであることやレッキ前にテストを行ったことで、フォード・フィエスタWRCでの走行経験不足も相殺されると語った。

「新しいラリーであることは自分にとっては助けになる。トップドライバーのレベルの方が、もっと安定しているだろうからね」と語るフルモーは、WRC2からステップアップを果たす。
「上位のワークスドライバーも、ほかのラリーのような豊富な経験をクロアチアに関しては持っていないからね」

WRカーデビューを果たすことに関しては「とにかく素晴らしいことだよ! 自分のキャリアを考えれば、たった4年でWRカーでWRCに参戦できるのだから、本当にうれしい。フィエスタWRCでは1回だけサンマリノでのラリーに参戦したことはあるが、Mスポーツはいつも自分によくしてくれた。プレッシャーを感じることなくWRCを走るのは、自分に自信をつけるためにも役立つ」

「フィエスタWRCを乗りこなす自信もあるし、プレッシャーはない。事前テストもしてマシンの知識を持ってWRCに臨める方が楽にスタートできる。これまでのようにラリーの準備をしなくてはならないが、もっと速く走らないとね! 初めてのラリーなので、大きな結果はまったく期待していない。とにかく1km1kmを楽しんで、マシンを満喫したい。それが一番の目標だ」
(Graham Lister)

M-SPORT

ヘルメットのペイントはじめました!