WRCフィンランド、会期を10月上旬に延期 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCフィンランド、会期を10月上旬に延期

©WRC PROMOTER

新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大防止のためフィンランド政府が大人数での集会を夏いっぱいまで禁止したことを受け、WRCラリーフィンランドの主催者は、7月29日〜8月1日に予定していた会期を、9月30日〜10月3日に延期することを発表した。

選手権屈指の高速グラベルラリーであるラリーフィンランドは、今年70周年の節目を迎える。しかし、フィンランド政府の措置を受け、イベント主催者であるAKKスポーツがFIA、WRCプロモーターから初秋に延期する承認を受けた。

AKKスポーツのCEO、リク・ビターは「ラリーフィンランドは絶対に夏に開催したかったが、COVID-19のパンデミックという現実を前に、多くの人々が観戦できる可能性が低い状況でイベントを行うことはできなかった」とコメント。
「(WRC第2戦として急遽開催された)アークティック・ラリーフィンランドとは異なり、ラリーフィンランドはスペクテイターのために作られたイベントであり、ラリーが成立するためにはファンの存在が書かせない。10月に開催を延期することで観客を迎えることができるという確信も持つことはできないが、ワクチン接種が進むことで可能性が高まることを期待している」

「新しい会期を受け入れてくれた地元当局、FIA、WRCプロモーターに感謝している。この変更により不便が生じることは本当に申し訳なく思うが、これがラリーや関係者、ファンにとって一番いい判断であると確信している」

FIAのラリーディレクター、イブ・マトンも「パンデミックの影響が続く中、今季のWRCカレンダーにラリーフィンランドを残すためには、あらゆる選択肢を柔軟に検討することが重要だった」とコメント。
「ラリーフィンランドが10月の上旬に開催されるという変更は、非常に興味深い。間違いなく天候は変わるだろうし、観客を入れられる状況になっていることも願っている」

ラリーフィンランド自体は、1951年の初開催は9月に行われている。この会期変更により、ベルギーのイープル・ラリーベルギーがシーズン第8戦に、アクロポリス・ラリーギリシャが第9戦となる。
(Graham Lister)

ラリプラメンバーズ2021