【速報】全日本ラリー新城:ファビアR5投入の福永がパンク、スバル鎌田が首位 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

【速報】全日本ラリー新城:ファビアR5投入の福永がパンク、スバル鎌田が首位

©Jun Uruno

2021年シーズン全日本ラリー選手権第2戦「新城ラリー2021」の初日が3月20日(土曜日)に行われ、鎌田卓麻/松本優一(スバルWRX STI)が、柳澤 宏至/保井隆宏(シュコダ・ファビアR5)に3.6秒差をつけてトップに立った。5.1秒差の3番手には新井敏弘/田中直哉(スバル)がつけている。

開幕戦の「Rally of Tsumagoi」が中止となり、昨年に続いて実質的な開幕戦として開催された新城ラリー。初日は4カ所のスペシャルステージを走行する構成だ。スタートからスピードを見せつけたのは、シュコダ・ファビアR5をJN1クラスに投入した福永修/齊田美早子だった。SS1からSS3まで3連続ベストを刻み、首位を快走する。しかし、この日の最後を締めくくる8.86kmのSS4「Onikubo 2」で、右リヤタイヤをパンク。このステージでだけで30秒近くをロスし、クラス5番手まで順位を落としてしまった。

この結果、初日を首位で終えたのは、福永にピタリと付けていた鎌田卓麻。
「昼のサービスでセットを変えてかなり良くなりました。ギリギリの接戦で、僕らは常に全開でした。OnikuboはR5勢が速いのは分かっているので、いかにGampo Northをうまく攻められるかでしょうね」と、2番手につける柳澤を警戒した。

福永と同様、今回からファビアR5を投入した柳澤は少しずつペースを上げて、SS4ではベストタイムを記録。鎌田から3.6秒差の2番手に、「午後はセッティングを変えて、マシンにも少しずつ慣れてきました。まだまだポテンシャルを使い切れていないですけれどね」と、手応えの表情を見せている。
 
午前中セッティングに苦しんだ新井敏弘は、午後に持ち直して、首位から5.1秒差の3番手。チームメイトの新井大輝はエンジンの不調を抱えており、12.1秒差の4番手と優勝争いから脱落している。また、このラリーから2台のGRヤリスでJN1クラスにステップアップしたトヨタ・ガズーレーシングは、勝田範彦/木村裕介がSS1で、眞貝知志/安藤裕一はSS2ゴール後に、それぞれマシントラブルからリタイアを決めている。



ラリプラメンバーズ2021