WRCアークティック事前情報:スウェーデンの代替として開催される極北のスノーラリー – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCアークティック事前情報:スウェーデンの代替として開催される極北のスノーラリー

©Kalle Parkkinen / Arctic Rally Finland

2021年のWRCは2月26−28日、今季2戦目をアークティック・ラリーフィンランドで迎える。

シーズン唯一のスノーラリーとして毎年カレンダーに加えられていたラリースウェーデンが開催中止を余儀なくされたことから、今季のWRC開催が決まった一戦。拠点となるのはフィンランド最北のラップランド州の州都ロバニエミ。ステージはすべて北極圏内に設定されることから、気温はマイナス30度にまで落ち込むこともある。このため、ステージはアイスと氷でしっかり覆われるが、スタッドタイヤを履くことでグリップ力が高まり、シーズンでも屈指の高速ラリーになることが見込まれている。

Kalle Parkkinen / Arctic Rally Finland

選手権争いでは、開幕戦のモンテカルロでセバスチャン・オジエとエルフィン・エバンスが1−2フィニッシュを飾ったトヨタが、ドライバーズ、マニュファクチャラーズの両選手権で首位に立った。また、今回は母国ラリーに臨むことになるカッレ・ロバンペラもモンテカルロを4位でフィニッシュしている。しかし、トヨタ・ヤリスWRC勢で最もアークティックでのラリー参戦経験が豊富なのは、勝田貴元だ。フィンランドで行っている育成プログラムの一環として、WRCのベースとなるアークティック・ラップランドラリーには、これまでに3回参戦している。その経験をどう活かすかに注目が集まる。

巻き返しを図りたいのはヒュンダイ勢。モンテカルロで3位に入ったティエリー・ヌービル、開幕戦が2年連続でリタイアに終りフルポイント獲得に意欲を見せるオィット・タナックに加え、アークティックではクレイグ・ブリーンが3台目のヒュンダイi20クーペWRCのステアリングを握る。さらに、ヒュンダイ2Cコンペティテョンからも2台のi20クーペWRCがエントリー。ピエール‐ルイ・ルーベとともに、19歳のオリバー・ソルベルグがWRCでのワールドラリーカーデビューを果たす。

フォード・フィエスタWRCは4台がエントリー。Mスポーツ・フォードがマニュファクチャラーズ選手権のポイント対象としてノミネートするのは、テーム・スニネンとガス・グリーンスミスだ。さらにイタリアのロレンツォ・ベルテッリは2019年以来のWRC参戦。ラップランドラリーでは2回の優勝経験を持つ地元フィンランドのベテラン、ヤンネ・トゥオヒノは、ヤンプロチームからエントリーする。

WRC2部門には10台がエントリーしており、こちらも激戦が予想される。選手権リーダーのアンドレアス・ミケルセンは、トク・スポーツのシュコダ・ファビア・ラリー2 Evoで参戦。WRC優勝経験を持つ地元フィンランドのエサペッカ・ラッピは、モビスポーツがプリペアしたフォルクスワーゲン・ポロGTI R5でエントリーする。チームメイトとなるロシアのニコライ・グリアジンも強豪のひとりだ。また昨年のWRC3チャンピオンで同じくフィンランド出身のヤリ・フッツネンと、ノルウェー出身のオーレ・クリスチャン・ベイビーはヒュンダイ・モータースポーツNからヒュンダイi20 R5で参戦。レッドブルとの契約が発表されたばかりのフランスのアドリアン・フルモーは、Mスポーツ・フォードからフォード・フィエスタ・ラリー2 MkIIでエントリーする。さらに、ボリビアのマルコ・ブラシア(ファビア・ラリー2 Evo)、シーン・ジョンストン(シトロエンC3 R5)、ゲオルグ・リンネメエ(ポロGTI R5)もWRC2部門を戦う。

WRC3は22台がエントリー。フィンランドの国内チャンピオンのテーム・アスンマーは優勝候補筆頭だ。さらに世界ラリークロス選手権チャンピオンのヨハン・クリストファーソンは、ポロGTI R5で登場。同じくスウェーデン出身で世界RXチャンピオン経験者のマティアス・エクストロームは、ファビア・ラリー2 Evoで、15年ぶりのWRC参戦に挑む。

■ラリールート
アークティック・ラリーフィンランドに設定されるステージは、計10SS。競技は26日金曜日の午前にシェイクダウンを行った後、午後にはいきなりイベント最長となる31.05kmのSarriojarviを2回走行する。2回目はナイトステージとなる。土曜日は3SSを2ループする6SSの構成で、この日も終盤のステージは日没後の走行となる。日曜日はAittajarviを2回走行。2回目のSS10はパワーステージに指定されている。

■ラリーデータ
開催日:2021年2月26-28日
サービスパーク設置場所:ロバニエミ
総走行距離:856.05 km
総ステージ走行距離:251.08 km(SS比率29.33%)
総SS数:10

■開催選手権
WRC
WRC2
WRC3



RALLY CARS