WRCモンテカルロ:WRC2はミケルセンが圧勝 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCモンテカルロ:WRC2はミケルセンが圧勝

©SKODA

2021年WRC開幕戦ラリーモンテカルロ、WRC2はアンドレアス・ミケルセン(シュコダ・ファビア・ラリー2 Evo)が優勝。総合でも7位という見事なリザルトを収めて2021年を最上の形で滑り出した。

ラリー前から、勝つだけでなく、圧倒的に優位に立ちたいと語っていたミケルセン。このプランどおり、マシンとアイスノートクルーの両面に強い自信を持ってラリーを迎えた。序盤から部門トップに躍り出たばかりでなく、金曜日朝のSS9から、ヒュンダイi20クーペWRCを駆るヒュンダイ2Cコンペティションのピエール・ルイ・ルーベさえも凌ぐタイムをマーク。最終日は確実に優勝を決めるために、慎重なアプローチに。パワーステージではスピンを喫しヒヤリとする場面もあったが、そこから挽回。最終的に、部門2位のアドリアン・フルモー(フォード・フィエスタ・ラリー2 MkII)に1分52秒2と、宣言どおり大差をつけてモンテカルロでの優勝を決めた。
「本当によかった。ここで成功する鍵は、アイスクルーと一丸となって取り組むこと。幸い、ラリーを通してアイスノートクルーと密接な仕事ができた」と安堵を見せたミケルセン。
「情報をすり合わせるためにレッキの前にかなりの時間を取ったが、それが奏功した」

SKODA

2位フィニッシュのフルモーも、自身のリザルトに喜びを見せた。Mスポーツ・フォードからエントリーするフルモーは、週末をとして安定した速さを披露し、ステージウインを4本マーク。しかし、土曜日のSS10では最初のコーナーでパンクを喫し、1分半のタイムロスとなった。
「素晴らしいラリーだった。ペースも良かったし、アンドレアスと戦えたこともすごく良かった」とフルモー。
「Mスポーツに感謝している。週末を通じて完璧な仕事をしてくれた」

M-SPORT

シトロエンC3ラリー2のエリック・カミリは、さらに1分25秒2遅れでのフィニッシュとなったが、1年ぶりの参戦であることを考慮すれば、上々のリザルト。4位にマルコ・ブラシア、WRC2デビュー戦のショーン・ジョンストンが5位とC3ラリー2勢が続いた。

CITROEN / AURELIEN VIALATTE

WRCラリーモンテカルロ WRC2部門結果
1 A.ミケルセン(シュコダ・ファビア・ラリー2 Evo)3:03:57.3
2 A.フルモー(フォード・フィエスタ・ラリー2Mk II) +1:52.2
3 E.カミリ(シトロエンC3 ラリー2) +3:17.4
4 M.ブラシア (シトロエンC3 ラリー2) +8:51.8
5 S.ジョンストン(シトロエンC3 ラリー2) +13:02.2
6 E.ブラゾッリ(シュコダ・ファビア・ラリー2 Evo)+45:25.0

RALLY PLUS