全日本ラリー唐津:新井大輝/小坂典嵩、逆転勝利での初戴冠 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

全日本ラリー唐津:新井大輝/小坂典嵩、逆転勝利での初戴冠

©JN1クラス優勝、チャンピオンを決めた新井大輝/小坂典嵩(スバルWRX STI) / RALLY PLUS

全日本ラリー選手権第3戦ツール・ド・九州2020 in 唐津は、11月28日(土)の競技初日を終えて、スバルWRX STIの新井大輝/小坂典嵩がJN1クラス優勝、自身初のシリーズチャンピオンを決めた。2位には三菱ランサーエボリューションの奴田原文雄/佐藤忠宜、3位はスバルWRX STIの勝田範彦/石田裕一という順位となった。注目を集めたトヨタGRヤリスは、クスコ・レーシングの柳沢宏至/保井隆宏が5位に入っている。

競技最終日となる28日(土)は、3SSを3回走行する9SS、SS距離51.69kmが舞台。2ループしてサービスをはさみ、最後の1ループという構成だ。2日目の天候は晴れ時々曇り。雨は降らないものの気温は低い。ギリギリの勝負をしていく選手たちにとっては、タイヤへの攻撃性が高い路面に対してどのようにタイヤのマネージメントをしていくかが大きなポイントとなるはずだ。午前7時45分、朝の15分サービスを終えた各車がステージへと向かっていく。

JN1クラス優勝の新井大輝/小坂典嵩(スバルWRX STI) / Jun Uruno


奴田原が4.2秒のリードを築き首位を走るJN1クラス。オープニングのSS3は僅差で奴田原が制したが、続くSS4からは新井大輝が猛追。SS4、SS5でベストタイムをマークして奴田原の背後2.0秒にまで迫る。そしてSS6、奴田原は痛恨のスピン! このSSを一番時計でまとめた新井大輝に対し15秒という大きなタイムロスを喫してしまい、順位は逆転。奴田原は総合3番手にドロップすることとなった。続くSS7では両者譲らず、同タイムでのSSベスト。SS8では奴田原がベストタイムを獲るが、その差を大きく縮めるには至らず。午前中の6SSを終え、新井大輝が奴田原に対し10.7秒のリードを得ることに成功した。サービスを挟んで午後最初のSS9では再び新井大輝がベストタイムをマークし、奴田原との差を12.6秒に拡大。残る2SSは奴田原が制したものの、10.8秒差で新井大輝が逃げ切り、前戦ラリー北海道に続く今季2勝目を獲得。自身初となるJN1クラスのシリーズチャンピオンを逆転優勝で決めた。

新井大輝は「奴田原選手の方がセッティングが出ている状況だったので、今日スタートから全開で攻め続けました。縁石や排水溝を使ったり、ありとあらゆる部分で攻めていったので、足まわりにも負荷が掛かったかもしれません。それでもしっかりと走り切れたのは、メカニックや支えていただいているスポンサー様のおかげだと思っています。それに、ラリーの動画や結果を見て応援してくれるファンの皆さんのためにも、しっかり結果を残せて良かったです」と、笑顔でコメント。今後の活動については「来シーズンの活動についてはこれからですが、新型コロナウイルスの問題が解消して、フルシーズンで戦えるといいですね。もちろん海外に行きたい気持ちもありますし、今回のタイトルが海外につながるきっかけになるといいですね」と語っている。
コ・ドライバーを務めた小坂は「奴田原選手のスピンなどもありましたが、最後まで緊張感をもって、いいラリーで締めくくることができて良かったです。ナイトステージはペースノートの重要性も高く、自分としてもすごく勉強になりました」と、ラリーを振り返った。

JN2クラス優勝の中平勝也/行徳聡(トヨタGT86 CS-R3) / Jun Uruno


JN2クラスはオープニングのSS3から上原淳/漆戸あゆみ(ホンダ・シビック・タイプRユーロ)が快走。前日首位の中平勝也/行徳聡(トヨタGT86 CS-R3)をかわしてクラストップに立つと、続くSS4、SS5でも連続ベストタイム。チャンピオン狙いで淡々と走る中平を大きくリードしたが、SS6で大きくタイムロスし総合2番手にポジションダウン。SS7では再び一番時計をマークし中平の背後に迫るが、SS8でマシントラブルによりリタイアを喫することとなった。これで首位中平、2番手に中村英一/大矢啓太(トヨタ・ヴィッツGRMN)に。残る3SSも順位は変わらず、中平が優勝を飾り、JN2ドライバーチャンピオンを決めた。コ・ドライバーチャンピオンは2位中村のコ・ドライバーを務める大矢が獲得している。

中平は「いやあ、チャンピオンですね。ホッとしています、とにかくそのひと言です。やはり一戦一戦が大切なシーズンだったので、リタイアしないように、確実にやるべきことを積み重ねた結果としては良かったと思います。大きかったのはラリー北海道です。普通に走り切るだけでも難しい、まるで“一見さんお断り”のような難易度のラリーですから(笑)。トラブルなく整備してくれたシムス、サスペンションを用意してくれたテインのおかげです。まだ来シーズンについては検討中ですが、同じ体制でできればと思っています」と笑顔を見せた。

JN3クラス優勝の曽根崇仁/竹原静香(トヨタ86) / Naoki Kobayashi


初日を終えた段階で首位に立っていた山本悠太/山本磨美(トヨタ86)がオープニングのSS3でコースオフ、リタイアするという波乱で始まったJN3クラス。竹内源樹/木村悟士(スバルBRZ)と曽根崇仁/竹原静香(トヨタ86)による僅差のバトルが展開された。SS3を制して一気にリードを稼いだのは竹内だが、続くSS4からは曽根が怒濤の5SS連続ベストタイムをマーク。SS7で竹内を逆転し、曽根が単独トップに立って見せた。竹内も負けじとサービス明けのSS9を制して首位を取り返すが、最終SSで曽根が再びひっくり返し、今シーズン初勝利を獲得。これで曽根/竹原の両チャンピオンが決まることとなった。2位には竹内、3位には長﨑雅志/秋田典昭(トヨタ86)が入っている。

初日4番手から、シーソーゲームを制しての逆転劇となった曽根は「初日の夜のステージでは落ち込みが大きかったんですが、気を取り直して、今日の序盤からいい走りができました。ドライ路面であれば逆転できると信じて、しっかり走ることができたと思います。2020年は短期決戦のシーズンとなってしまいましたが、開幕戦の新城でほぼノーポイント(8位3点)だったのはかなり痛かったですね。それでも終わってみれば、徐々に結果を残していって、最後に優勝できました。短いのに苦しいシーズンでしたが、楽しいシーズンでもありました」と、充実した表情でシーズンを振り返った。

次ページ:JN4〜6クラスのレポート

12


ラリプラくんLINEスタンプ発売中!!