全日本ラリー唐津:変則日程の最終ラウンド、初日トップは奴田原文雄 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

全日本ラリー唐津:変則日程の最終ラウンド、初日トップは奴田原文雄

©JN1クラス首位の奴田原文雄/佐藤忠宜(三菱ランサーエボリューションX) / Jun Uruno

全日本ラリー選手権第3戦Sammyツール・ド・九州2020 in 唐津は、11月27日(金)の競技初日を終えて、三菱ランサーエボリューションの奴田原文雄/佐藤忠宜がトップに立った。2番手には新井大輝/小坂典嵩(スバルWRX STI)、3番手には勝田範彦/石田裕一(スバルWRX STI)というオーダーだ。

新型コロナウイルスの影響で当初の4月開催から大きく遅れた今大会は、2020年シーズンの最終戦。大会スケジュールそのものも、27日金曜日の午前中にレッキを行い、午後にはスタートする変則的なものとなった。初日は2SS、2日目に9SSを走る、計11SSが戦いの舞台だ。季節が4月から11月に変更になったことによって、一部のステージでは落ち葉や枯れ木が多いコンディションとなっていたほか、初日のSS2は日没後の走行となる点など、これまでにない難しさをもつラリーとなった。さらに、タイヤへの攻撃性が高いとされる唐津の路面で、使うことのできる6本のタイヤをどのようにマネージメントするのかという点も、難易度を上げるひとつの要因となる。

コースの安全を確認する00カーと0カーのトヨタGRヤリス / Naoki Kobayashi


また、今回のラリーには、注目の新車であるGRヤリスが4台登場した。オフィシャルカーとして2台、コースの安全を確認する00カーと0カーが走り、競技車両としてはクスコ・レーシングとオサムファクトリーの2台が初の全日本ラリーに挑んだ。00カーと0カーはTOYOTA GAZOO Racingの全日本ラリーチームがメンテナンスを担当。00カーは豊岡悟志/足立さやか、0カーには眞貝知志/安藤裕一が乗り込む。クスコ・レーシングは柳沢宏至/保井隆宏、オサムファクトリーは福永修/齊田美早子がドライブ。JN1クラスでスバルWRX STIや三菱ランサーエボリューションを相手に戦うこととなる。

JN1クラス2番手の新井大輝/小坂典嵩(スバルWRX STI) / RALLY PLUS


JN1クラスのチャンピオンは、ランキング首位の新井大輝から4番手の新井敏弘まで、4人によって争われる。新井大輝は優勝すれば、2日目のレグポイントに関係なくチャンピオンが確定する状況だ。15時00分、サービスパークの置かれるボートレースからつ駐車場から、カーナンバー1をつけた新井大輝がスタート。オープニングステージとなるSS1では、ランキング2番手の奴田原がベストタイムをマークして機先を制することに成功した。ナイトステージとなったSS2では、トラブルなどで今シーズン波に乗り切れていない勝田が一番時計。僅差ながら、2006年から12年連続で唐津を制したスピードは伊達ではないことを示してみせた。

この結果、首位奴田原、4.2秒差の2番手で新井大輝、3番手に勝田というトップ3が形成された。その後ろには鎌田卓麻/鈴木裕、新井敏弘/田中直哉、そして福永が続く。注目のGRヤリス勢は両車ともノーマルに近く、各種パーツやセッティングなど、ラリーカーとしての熟成はまだまだこれからといった印象だが、「第一歩を踏み出せたことに意味がある」と福永が語るとおり、先陣を切って実戦投入をした両チームにとっては今後大きなアドバンテージとなるはずだ。

JN2クラス首位の中平勝也/行徳聡(トヨタGT86 CS-R3) / Jun Uruno


ドライバーチャンピオン候補が2名に絞られたJN2クラスは、トヨタGT86 CS-R3を駆る中平勝也/行徳聡、トヨタ・ヴィッツGRMNの中村英一/大矢啓太、ホンダ・シビック・タイプRユーロの上原淳/漆戸あゆみがエントリー。この日を終えてトップは中平、1.8秒の僅差で上原、上原から約20秒離れて中村というオーダーとなった。

首位の中平は「淡々とチャンピオンに向かって走るだけなので、リスクを避けて走っています。抑えすぎると逆に危ないので、今くらいのペースを刻みたいですね。落ち葉は多いですが、グリップがないわけではなく、走りやすいです。チャンピオンを獲りにきているので、とにかく現状キープですね」とコメント。2番手は、前戦ラリー北海道でのリタイアで自身のチャンピオン獲得の可能性が潰えてしまった上原。「久々に真っ暗な中のSSを走りましたが、ラリーをしているという実感があって楽しかったです。でも、暗いからオジさんたちは軒並みタイムを落としていますね(笑)。見えていても、スピード感覚が一段下がっている印象です。明日は新しいステージもありますし、うちのナビにチャンピオンの目があるので頑張ります」と、初日を振り返った。

JN3クラス首位の山本悠太/山本磨美(トヨタ86) / RALLY PLUS


トヨタ86とスバルBRZが鎬を削るJN3クラスは、竹内源樹/木村悟士(スバルBRZ)を筆頭に、5クルーにチャンピオン獲得の可能性が残されている激戦区。SS1は曽根崇仁/竹原静香(トヨタ86)が制したが、SS2は山本悠太/山本磨美(トヨタ86)がベストタイムをマークし、クラストップに立った。

山本は「今回のラリーでは、初日のSS『SANPOU』がキモだと思っていたので、ここでしっかり攻めてタイムを出すことができたので良かったです。ターマックラリーのナイトステージは僕自身初めてなんです。汚れている部分が今ひとつ見えにくいんだなと。明日もしっかり走って、デイポイントも狙っていきたいです」と、手応えを感じた様子。2番手の山口は、「久々のラリーで、最初はペースが上がらずクルマに人が付いていけていませんでした。暗くなると落ち葉の影響もあり、かなり走りにくいですね。明日はコースも変わるので、セッティングを変えてトップを狙えるようペースを上げていきます」と展望を語った。選手権首位の竹内は3番手。「今日はセットアップ的にもチャレンジングな仕様で行ったんですが、いいところと悪いところが、しっかり分かりました。まだ勝負権もあるところにいますので、悪くなかったと思います。できればトップにいたかったんですけどね。明日はしっかりデイポイントまで狙い、チャンピオンも狙っていきます」と意気込みを語った。

次ページ:JN4〜6クラスのレポート

12


ワールドラリーカレンダー2021発売中!!