トヨタ、選手とクルマに厳しい試練を課す過酷なWRCトルコで勝利を目指す – RALLYPLUS.NET ラリープラス

トヨタ、選手とクルマに厳しい試練を課す過酷なWRCトルコで勝利を目指す

©TOYOTA

TOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamは、9月18日(金)から20日(日)にかけてトルコのマルマリスを中心に開催される、FIA世界ラリー選手権(WRC)第5戦「ラリー・トルコ」に、セバスチャン・オジエ/ジュリアン・イングラシア、エルフィン・エバンス/スコット・マーティン、カッレ・ロバンペラ/ヨンネ・ハルットゥネンの、3台のヤリスWRCで参戦。マニュファクチャラー選手権および、ドライバー/コ・ドライバー選手権における首位の座をさらに確実なものとすべく、全力で戦いに挑む。

2020年のラリー・トルコは、過去2年の大会と同様、地中海に面したトルコ南西部のマリンリゾート、マルマリスを中心に開催される。山岳地帯を中心に展開するグラベル(未舗装路)ステージは全体的にとても荒れており、路面は凹凸が激しく、大きな石が多く散らばっているため、サスペンションやタイヤに大きな負担がかかる。また、9月は気温が非常に高く、なおかつステージの平均速度も比較的低いので、エンジン、トランスミッション、ブレーキに風が当たりにくく、入念な温度対策が必要になる。そのため、他のグラベルラリー以上にクルマの耐久性の高さが求められる。

2週間前に開催された第4戦ラリー・エストニアでは、オジエが総合3位に入りドライバー選手権首位の座を堅守。総合4位でフィニッシュしたエバンスは、オジエに次ぐ選手権2位を守り、総合5位のロバンペラは、選手権4位につけている。また、チームはマニュファクチャラー選手権首位を維持したが、ライバルに対するリードをさらに拡げるべく、今回のトルコに向けてギリシャの悪路でテストを行ない、ヤリスWRCを鍛え上げた。

サービスパークはマルマリスに置かれ、全12SS、総SS距離は223.00kmと、スプリント色の強いラリーとなることが予想される。

トミ・マキネン(チーム代表)
「非常に荒れた道を走るラリー・トルコは、本当に難しいイベント。誰にとっても初めての大会だった2018年には優勝したが、必ずしも我々が得意とするコースではなかった。しかし、昨年の大会以降、我々はトルコで直面するようなコンディションに向けてクルマの改善をするため、多くの作業を行ってきた。今年は、我々のクルマがそのようなコンディションでかなり良くなっていることは確かなので、良い戦いをする自信がある」

セバスチャン・オジエ
「昨年、ジュリアンと一緒に勝利をあげたラリー・トルコには、もちろんいい思い出がある。しかし、昨年と同じ結果を残すことは簡単ではない。誰にとってもタフなラリーだが、出走順がトップの我々にとっては、特に難しい1戦になると覚悟している。それでも、ヤリスWRCでどんな戦いができるのか、ワクワクしている。先日、トルコに向けたテストを行なったが、クルマに改善を施し、大幅に進化させることができたと信じているので、ラリー本番がとても楽しみだ」

エルフィン・エバンス
「ラリー・トルコは常に難しく、ハイスピードな道が多かったエストニアとは正反対の、低速なラリーになるだろう。非常に暑く、選手にとって体力的に厳しい一戦だが、クルマにとっても非常に過酷なイベントになることは間違いなく、それに適応するための準備が必要。数週間前にギリシャでテストを行なった際にはクルマの感触はとても良かったので、その良いフィーリングがラリーに反映されることを期待している」

カッレ・ロバンペラ
「トルコの道は非常に荒れているため、自分にとってかなり難しいラリーになると思う。昨年はWRC2部門に参戦したので、どのようなラリーなのか、ある程度は理解している。しかし、自分はこのようなラリーへの出場経験は多くない。チームは昨年よりもクルマを大きく進化させたようなので、このような荒れた道でのパフォーマンスは上がっているはず。ラリー・トルコで、我々が良いペースで走れることを期待している」



ラリプラくんLINEスタンプ発売中!!