WRC第7戦アクロポリス:ペターがSS3を終えてトップ – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRC第7戦アクロポリス:ペターがSS3を終えてトップ

 

 現在、SS3を終えた段階でペター・ソルベルグ(シトロエンDS3 WRC)が2番手のヤリ‐マティ・ラトバラに27秒差をつけてトップを走行中。

「いいね。とてもいい。SS2でラトバラを19秒も離すいいタイムが出せるとは思わなかった。いい走りができているし、マシンの感触もOKだ。とはいえ、今日だけは約手も仕方がないから、少し冷静になろうと思っている」と、ソルベルグ。

 ラリーはSS3で発生したピーター・バン・メルクシュタインJr.のアクシデントにより一時進行がストップしていたが、すでにトップ集団はSS4を走行中。
 メルクシュタインJr.のコ・ドライバー、エディ・シェバリエが負傷した模様だという。

■SS3終了後の総合順位(暫定)
1:P.ソルベルグ 55:43.1
2:J.ラトバラ +27.2
3:M.ヒルボネン +34.7
4:S.ローブ +35.4
5:S.オジエ +40.4
6:M.オストベルグ +1:03.3

ヘルメットのペイントはじめました!