第7戦ギリシャのシェイクダウン、トップはローブ! – RALLYPLUS.NET ラリープラス

第7戦ギリシャのシェイクダウン、トップはローブ!

 

 6月16日(木)、WRC第7戦アクロポリスのシェイクダウンテストが行なわれ、シトロエンのセバスチャン・ローブがトップタイムをたたき出した。

 昨晩から降り続いた雨でマディなコンディション。しかし気温が高くなるにつれ、路面状態は徐々に乾きはじめていった。

 ローブはサービスパークの置かれるルートラキの東に設けられた6.05kmのシェイクダウンコースを2:15.5で走りトップ。
「もちろん全部のラリーで優勝を目指して戦ってはいる。だが時にはポイントを獲得する方が重要な場合もあるんだ。チャンピオンシップではいい位置にいるが、それはすなわち先頭走者ということだ。できる限りタイムロスを減らすような走りが求められるだろうね。シーズンの中ではタイヤとサスペンションに最も厳しいラリーだ。少しマシンに気を使いながらの走行になるが、秒差のバトルになったらそうもいかない。
 レッキでも改めて先頭走者の不利を実感してきたが、この雨が恵みの雨となるかどうか、明日になってみないと分からない」
 と、ローブはコメント。

 シェイクダウン2番手につけたのはペター・ソルベルグだ。
「3kmのステージを5回ほど走行した。非常にマディで滑りやすいコンディションだったよ。いくつかのジャンクションもスリッパリーだった。2走目のあとくらいからは乾いてきたけれど、どちらにせよラフなことに変わりはない」とこちらも慎重なコメントだ。

 シェイクダウンの順位は以下のとおり。

第7戦アクロポリス・シェイクダウン結果

順位 ドライバー マシン タイム
1 セバスチャン・ローブ Citroen DS3 WRC 2:15.5
2 ペター・ソルベルグ Citroen DS3 WRC 2:16.2
3 ミッコ・ヒルボネン Ford Fiesta RS WRC 2:16.8
4 セバスチャン・オジエ Citroen DS3 WRC 2:17.8
5 ヘニング・ソルベルグ Ford Fiesta RS WRC 2:18.0
6 キミ・ライコネン Citroen DS3 WRC 2:18.6
6 エフゲニー・ノビコフ Ford Fiesta RS WRC 2:18.6
8 ヤリ‐マティ・ラトバラ Ford Fiesta RS WRC 2:19.0
9 フェデリコ・ビラグラ Ford Fiesta RS WRC 2:19.1
10 マッズ・オストベルグ Ford Fiesta RS WRC 2:19.2
ワールドラリーカレンダー2018
RALLY PLUS