【速報】ラリージャパン、2020年の開催断念を正式発表 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

【速報】ラリージャパン、2020年の開催断念を正式発表

©Takuto Nishio

ラリージャパン運営事務局は8月19日にプレスリリースを発行し、11月19日〜22日に愛知県・岐阜県で開催を予定されていた2020年ラリージャパンの開催断念を正式に発表した。

2010年以来となるWRCの日本開催は、これまで6回行われてきた北海道から愛知県に本拠地を移し、ターマックラリーとして開催予定だった。2019年には一度開催が見送られたものの、2020年にはシリーズの最終戦としてカレンダーに組み込まれ、多くの期待が寄せられていた。

しかし、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染流行により、シリーズは第3戦ラリーメキシコがデイ2で途中閉幕となって以降、中断。以降COVID-19の感染拡大は収束の目処が立っておらず、日本政府も海外からの入国を厳しく制限したままの状況で、オリンピックやF1日本グランプリをはじめとする大規模なスポーツイベントは延期・中止が相次いでいる。

ラリージャパン側も、FIAによるコース査察や、海外ラリーでのオフィシャル研修など、春先から予定していた計画を思うように行うことができず、プランを大幅に見直さざるを得ない状況が続いていた。7月16日にはラリーガイド1を発行し、入国制限の緩和に関して法務省、外務省、文科省など各関係省庁との意見交換を行うなど、開催に向けて可能な限り準備を進めていたものの、開催を3カ月後に控えた今日、苦渋の決断を下した模様だ。

ラリージャパンは6月19日の世界モータースポーツ評議会(ワールドモータースポーツカウンシル、WMSC)において、2021年の9カ国の候補に含まれている。また、日本自動車連盟(JAF)が8月6日に公開した2021年のFIA国際スポーツカレンダー登録申請一覧によれば、2021年のラリージャパンは11月11〜14日(愛知県・岐阜県)での申請が行われている。

(以下、発表リリース全文)


FIA世界ラリー選手権「Rally Japan2020」開催断念のお知らせ

ラリージャパン2020実行委員会は、国際自動車連盟(FIA)、日本自動車連盟(JAF)ならびにWRCプロモーターGmbHと協議の結果、競技主催者とともに、本年11月に予定していた大会の開催を断念したことを報告いたします。

新型コロナウィルス感染症が世界中で流行し、日本政府はその水際対策として今年3月以降、多くの国を対象とした外国人に対する入国制限の政策をとっており、この方針は今後しばらく続くものと思われます。一方でラリージャパンはFIA世界ラリー選手権の1戦であり、選手や関係者のほとんどがヨーロッパを拠点とする外国人です。ラリージャパン実行委員会では、今秋の大会実現に向けて、政府や関係省庁を含む多方面の調整を試みましたが、開催まで3か月に迫った現段階でも、11月に数百人規模の外国人選手や関係者を入国させられる見通しが全く立たないという結論となりました。

約2年半にわたりラリージャパン開催に向けて招致活動や開催準備活動を行なってきた関係者一同にとって大変つらい決断ではありますが、これ以上判断を先送りすることは各方面への影響が大きくなりすぎると判断いたしました。ご理解いただければ幸いです。

今後は来年秋の開催が内定している2021年大会に向けての準備に入ります。皆様方におかれましては、引き続きご支援のほどよろしくお願い申し上げます。



RALLY PLUS