全日本ラリー新城:TGR Vitz GRMN Rally、天候の変化に対応しクラス優勝を達成 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

全日本ラリー新城:TGR Vitz GRMN Rally、天候の変化に対応しクラス優勝を達成

©TOYOTA

3月13日(金)~15日(日)にかけて、愛知県新城市を拠点に2020年の全日本ラリー選手権第2戦「新城ラリー2020 supported by AICELLO」が行われ、TOYOTA GAZOO Racingの眞貝知志/安藤裕一(TGR Vitz GRMN Rally)が、JN2クラス優勝を達成した。
(以下、チームリリース抜粋)


モータースポーツの厳しい環境の下で「人を鍛え、クルマを鍛える」ことを目的として、2015年から全日本ラリー選手権に参戦するTOYOTA GAZOO Racing。チームは2019年JN2クラスチャンピオンカーであるTGR Vitz GRMN Rallyで、引き続き2020年シーズンを戦います。新たなメカニックも加わり、これまでに蓄積した技術と知見の継承も、2020年のJRC参戦における大きなテーマのひとつです。

第1戦に予定されていた「Rally Tsumagoi」が昨年の台風19号による影響で中止されたため、2020年の実質的な開幕戦となった新城ラリー。毎年多くの観客を集めるラリーですが、新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から、主催者は観客動員をせずに競技を実施すると発表、無観客での幕開けとなりました。

昨年11月のセントラルラリー以来となる実戦に向け、チームはTGR Vitz GRMN Rallyの足回りに小変更を施しました。チーフメカニックの宮本昌司は「今年は使用可能なタイヤ本数が最大6本に制限され、天候や気温の変化などに対する判断ミスの挽回が難しくなります。今後に向け様々なデータを取りたいですね」と語り、ラリーに臨みました。雨となった初日、眞貝選手はSS1でスピンを喫するなど非常に滑りやすい路面に苦戦する場面もありましたが、その後は安定したペースで挽回し、2番手以下に1分以上の大差をつけて首位を快走。雲ひとつない晴天となった最終日は、前日の雨の影響が大きく残ったためにリタイヤ車が続出したステージにもミスなく対応し、今後のラリーに向けたデータ収集を行いながら危なげない走りを披露し、シーズン初勝利を飾りました。

TOYOTA

豊岡悟志(チーム監督)
「まずはこのような厳しい状況のなか、開催を実現していただいた主催者やオフィシャルの皆さんに感謝します。今年は第1戦が中止となり、前回の参戦からいつも以上にインターバルが開きました。そのため、浮き足立つことなく、まずは自分たちのリズムをつかむことを考えて臨みました。そして、今年からタイヤの使用最大本数が6本に減っています。天候の変化もあり、タイヤ選択が難しいなかで、チームもクルーもよくマネージメントできていたと思います。特に眞貝選手は平均速度の高いSSで素晴らしいスピードを見せてくれましたね。現在開発されている新車も含めて、次につながる一戦だったと思います」

宮本昌司(チーフメカニック)
「モータースポーツだけでなく、多くのイベントが中止となるなか、このように競技が開催されたことを、とてもありがたく感じました。チームとしても、感謝の気持ちをもって戦うことができたと思います。新たなチームメンバーが加わるなかで、引き続き参加しているスタッフも含め、基本を徹底しようというテーマをもって臨みました。ラリーでは眞貝選手も含め、これまで蓄積されてきた経験を踏まえ、これまでにはない勇気を持ったタイヤ選択を行うことができました。今後はタイヤ磨耗が厳しいターマックラリーが続きます。今回は様々なトライができましたし、貴重な学びを得られたラリーでした」

眞貝知志(ドライバー)
「1日目と2日目では、まったく景色の異なるラリーになりましたね。今回はタイヤ選択に関して宮本チーフメカニックに後押しをしてもらい、チーム全体でつかんだ勝利だと感じています。今シーズンからタイヤの使用本数制限が厳しくなり、2日間とも完璧なタイヤで走れるという状況はなかなかないことが想定されます。その意味で、今回のラリーを通じて妥協点をどこに設定するのか、早速様々なトライができたことは大きかったです。チームの皆さんと作り上げてきたTGR Vitz GRMN Rallyがここにきて加速度的に良くなって、努力が結実してきているという実感があります。次戦の唐津以降でも、是非その成果を走りで披露してチームや応援してくれる皆さんに恩返しをしていきたいと思っています」

TOYOTA

安藤裕一(コ・ドライバー)
「シーズン最初のラリーということで、まずは走行を重ねることが第一だと考え、ドライビングや戦略など慎重にラリーを進めるアプローチを採りました。色々とイレギュラーな状況もありましたが、コクピット内はバタバタすることなく落ち着いて戦うことができ、良いシーズンのスタートが切れたと思います。車両に関しては昨シーズン熟成の進んだTGR Vitz GRMN Rallyが、超高速SSでどのような挙動をするのか特に注視していました。KYBさんのサスペンションも含めてまったく問題なく、眞貝選手も安心して走ることができたようです。有益なデータも得られ今後につながるラリーになりました。」

新城ラリー2020 supported by AICELLO JN2クラス最終結果
1. 眞貝 知志/安藤 裕一(TGR Vitz GRMN Rally) 1:12:32.5
2. 石井 宏尚/寺田 昌弘(レクサスRC F) +2:04.9
3. 中平 勝也/行徳 聡(トヨタGT86 CS-R3) +3:46.7
4. 中村 英一/大矢 啓太(トヨタ・ヴィッツGRMN) +4:02.8
5. 山村 孝之/井沢 幹昌(シトロエンDS3 R3-MAX) +5:00.2
6. 牧野 タイソン/北川 紗衣(トヨタGT86 CS-R3) +5:03.3
7. 竹岡 圭/山田 政樹(フォルクスワーゲン・ポロGTI) +7:36.6
参戦7台、完走7台

次戦の情報
次戦は4月10日(金)~12日(日)、佐賀県唐津市を中心に開催される全日本ラリー選手権(JRC)第3戦Sammy ツール・ド・九州2020 in 唐津に出場予定です。

ワールドラリーカレンダー2021先行予約受付中!!