WRCアルゼンチンが開催延期を発表、FIAとプロモーターは他戦についても注視 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCアルゼンチンが開催延期を発表、FIAとプロモーターは他戦についても注視

 

4月23−26日に開催を予定していたWRC第4戦ラリーアルゼンチンの主催者は、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染が世界的に広がり続けていることを受け、開催を延期すると発表した。

3月13日、アルゼンチン政府が感染拡大防止の対策を発表。コルドバ地方政府の指示により、WRCプロモーター、FIA、イベント主催者であるアルゼンチン自動車クラブ(ACA)の意見が一致、決断に至った。

WRCプロモーターのマネージングディレクター、オリビエ・シースラは「アルゼンチン当局がウイルスの拡大抑止を最優先にしていることは理解している。特に、非常に多くの人々が観戦に訪れるイベントだ。延期は残念だが、代替会期の決定に向けて一丸となって取り組んでいく」とコメント。

ラリーコーディネーターのデビッド・エライは「苦渋の決断だった。しかし、今はコンペティター、チーム、主催者スタッフ、そしていつもラリーを応援してくれるファンのみなさんの健康を守ることが最優先。40回目の記念となるイベントを近いうちに開催できることを願っている」とコメント。

WRCプロモーターとFIAは、WRCの他ラウンドに関しても状況の注視を継続していくとしている。



ラリプラくんLINEスタンプ発売中!!