トヨタモビリティ東京がモータースポーツ計画を発表。全日本ラリーにもスポット参戦 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

トヨタモビリティ東京がモータースポーツ計画を発表。全日本ラリーにもスポット参戦

©TOYOTA

トヨタモビリティ東京は、2020年の参戦計画を発表した。

ラリーには、Vitzレース等への参戦経験を持つ社員ドライバーとして経験豊富なエンジニアの長山等と寺田昌弘のペアで、TGRラリーチャレンジや地方ラリー選手権に出場しラリー経験を積み全日本ラリー選手権への参戦を目指す。

ラリー参戦にあたっては、トヨタのサポートを受け、スポーツ制御CVTを搭載した車両での参戦を予定する。あわせてTGRラリーチャレンジには昨年同様ドライバーを社員から公募してC-1クラスに参戦。その経験をカスタマーへ伝えるとともに、社内の一体感の醸成と話題づくりを目指していく。

また、レース活動においては社員で構成するレーシングチーム「GR Tokyo Racing」からTOYOTA GAZOO Racing 86/BRZ Raceと、TOYOTA GAZOO Racing Netz Cup Vitz Raceに継続参戦する。86レースのドライバーには、昨年プロフェッショナルシリーズ初参戦ながら、シリーズランキング5位入賞を果たした社員ドライバーの水谷大介と、長野オリンピックスピードスケート金メダリスト清水宏保をVitzレースからステップアップさせ、86レースクラブマンシリーズオープンクラスにドライバーとして起用する。さらに、Vitzレースには新たに社員ドライバーとしてエンジニアの藤室優太を起用、社員チームとして活動強化とレース経験を持つスタッフの育成を行い、ここで培った知見をGR Garage 4店舗を中心に展開していく。

これらの活動には「GR Tokyo Racing」に所属するエンジニアに加え、2020年度入社予定のエンジニアも研修目的で参加する予定。参戦車両すべての制作・セッティング・メンテナンスを行い、日常の整備点検作業とは異なる経験を積み、様々な経験と確かな技術を身に付けたエンジニアの育成を図っていきたいと考えているという。

<2020年シーズン参戦予定>

◆ラリー
全日本選手権 1戦(全10戦中)
地方ラリー選手権 4戦 長山等/寺田昌弘
◆TGRラリーチャレンジ
E-3 クラス 3戦(全11戦中)
C-1 クラス 7戦(全11戦中) 社員公募ドライバー/コ・ドライバー 長山・水谷

◆86レース
プロフェッショナル 7戦(全8戦中) 水谷 大介
クラブマン(OPEN) 7戦(全8戦中) 清水 宏保
◆Vitzレース
関東シリーズ 4戦(全4戦中) 藤室優太



ラリプラくんLINEスタンプ発売中!!