WRCスウェーデン:シェイクダウン1はトヨタ勢がトップ3を占める。勝田は6番手 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCスウェーデン:シェイクダウン1はトヨタ勢がトップ3を占める。勝田は6番手

©TOYOTA

2月13日(木)、WRC第2戦スウェーデンはシェイクダウンテストを行い、トヨタのカッレ・ロバンペラがトップタイムをマークした。2番手にはセバスチャン・オジエ、3番手にエルフィン・エバンスと、トヨタ勢が上位を占めている。勝田貴元は6番手、スポット参戦のヤリ‐マティ・ラトバラは9番手で、8番手のティエリー・ヌービルと同タイムを刻んでいる。

シェイクダウンテストはメインのサービスパークとなるトルスビーにほど近い、7.21kmのステージ。雪はほとんどなく、グラベルが露出している状態だ。森の中のワインディングコースは適度なアップダウンと、中盤に長いストレートをもつ。

HYUNDAI


プライオリティ1のドライバーは、シェイクダウン1を最低1回は走行しなくてはならないとされていたが、各ドライバーとも2〜4回ほどの走行でセッションを終えた。実際にラリーが行われるステージでは一部に雪があるようだが、ドライバーたちにとってはスタッドを温存しつつ両方のコンディションを走らなければならず、難しい戦いとなることが予想される。

4番手はクレイグ・ブリーン。5番手にオィット・タナックと、ヒュンダイ勢が続く。勝田を挟んで7番手にMスポーツ・フォードのテーム・スニネン、8番手にラトバラと同タイムでヒュンダイのティエリー・ヌービルというオーダーだ。

選手たちはこの日の夜にセレモニアルスタートとシェイクダウン2(SS1=カールスタッド・スーパーSSの代替)を行い、実質的な競技のスタートは14日(金)のSS2からとなる。この競技1日目はSS2、SS3、SS4、SS8の4SS、計63.68kmで争われる。SS2は日本時間2月14日(金)16時42分スタート。

M-SPORT


WRCスウェーデン シェイクダウン結果
1. K.ロバンペラ(トヨタ・ヤリスWRC)4/4 3:57.7
2. S.オジエ(トヨタ・ヤリスWRC)3/3 +3.5
3. E.エバンス(トヨタ・ヤリスWRC)3/4 +3.6
4. C.ブリーン(ヒュンダイi20クーペWRC)2/2 +5.4
5. O.タナック(ヒュンダイi20クーペWRC)1/2 +7.0
6. 勝田貴元(トヨタ・ヤリスWRC)3/3 +7.2
7. T.スニネン(フォード・フィエスタWRC)2/3 +9.2
8. T.ヌービル(ヒュンダイi20クーペWRC)2/2 +9.8
9. J.ラトバラ(トヨタ・ヤリスWRC)1/2 +9.8
10. E.ラッピ(フォード・フィエスタWRC)1/2 +10.9

※各マシン名の後ろの数字は【ベストタイムをマークしたセッション/走行回数】

ワールドラリーカレンダー2020