モンテカルロ:シェイクダウンはトヨタのセバスチャン・オジエがトップ。勝田は10番手 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

モンテカルロ:シェイクダウンはトヨタのセバスチャン・オジエがトップ。勝田は10番手

©TOYOTA

いよいよWRC2020年シーズンの幕が開く。1月22日(水)の16時より行われたシェイクダウンテストでは、トヨタのセバスチャン・オジエがトップタイムをマーク。23日から始まるラリーに向けて仕上がりを感じさせる走りとなった。

シェイクダウンはメインのサービスパークが置かれるギャップにほど近い、3.35kmのセクション。ワインディングあり、橋ありのコースでここ数年は同じ場所で行われている。今回はほぼドライだが、インカットした泥が路面に掻き出されてくるため、決してクリーンとは言えない状況だ。走行を重ねるたび、セクションによって路面状況は悪化する。トップタイムをマークしたオジエは3回のアタックを行ったが、上位陣は軒並み4回の走行を実施。路面の関係もあってか、各ドライバーとも好タイムは1〜2回目の走行に集中する格好となった。

2番手にはヒュンダイのティエリー・ヌービル、3番手にはトヨタのエルフィン・エバンス、4番手にヒュンダイのオィット・タナックと、トヨタとヒュンダイのマシンがトップ4を占め、テーム・スニネン、エサペッカ・ラッピとMスポーツ・フォードの2台が続く。勝田は3回走行し、2度目の走りで自己ベストをマーク。明日からのラリーに向けヤリスWRCの感触を確かめた。

競技のスタートは翌23日(木)から。17時からモナコでのセレモニアルスタートを経て、計2SS、42.96kmのナイトステージが行われる。

WRCモンテカルロ シェイクダウン結果
1. S.オジエ(トヨタ・ヤリスWRC) 1:57.1
2. T.ヌービル(ヒュンダイi20クーペWRC) +0.1
3. E.エバンス(トヨタ・ヤリスWRC) +0.6
4. O.タナック(ヒュンダイi20クーペWRC) +1.2
5. T.スニネン(フォード・フィエスタWRC) +2.3
6. E.ラッピ(フォード・フィエスタWRC) +2.6
7. K.ロバンペラ(トヨタ・ヤリスWRC) +2.9
8. G.グリーンスミス(フォード・フィエスタWRC) +3.1
9. S.ローブ(ヒュンダイi20クーペWRC) +3.3
10. 勝田貴元(トヨタ・ヤリスWRC) +4.8

ラリプラメンバーズ2020