WRCモンテカルロ事前情報:あらゆる可能性を持つ予測できない伝統の開幕戦 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCモンテカルロ事前情報:あらゆる可能性を持つ予測できない伝統の開幕戦

©M-SPORT

各チームのドライバーズラインナップがシャッフルされる中、2020年もWRCはラリー界で最も長い歴史を誇る一戦、伝統的に開幕戦を務めるラリーモンテカルロでシーズンが始まる。

冬季の開催のため、フレンチアルプスのターマック路でのコンディションは予想できない。ドライバーたちはドライターマックからスノー、アイスの全てに直面する可能性も高く、その全てが1本のステージ内で起こることさえもある。このため、タイヤチョイスは特に難しく、最善の落とし所を見つけるしかない。今年は、この極めてチャレンジングなイベントに、世界のトップドライバーたちがそれぞれに新しいマシンで挑むという点でも、エキサイティングになりそうだ。

オィット・タナックは、新ドライバーズチャンピオンのタイトルを引っさげてヒュンダイ入り。ここ数年、常にタイトルを争ってきたライバル、ティエリー・ヌービルとチームメイトとなる。モンテカルロ通算7勝のセバスチャン・ローブは、i20クーペWRCでのスポット参戦2シーズン目を迎える。

トヨタは、全く新しい顔ぶれで2020年に突入。WRC6連覇王者のセバスチャン・オジエを筆頭に、中堅エルフィン・エバンス、弱冠19歳でWRカーデビューを果たす2019年のWRC2 Proチャンピオンであるカッレ・ロバンペラがヤリスWRCで戦う。ロバンペラは、史上最年少のフルタイムワークスドライバーとなる。

Mスポーツ・フォードは、2名のフライングフィンをラインナップ。エサペッカ・ラッピが、テーム・スニネンのチームメイトとして加入した。ガス・グリーンスミスは、フィエスタWRCのサードカーで、序盤9戦に参戦する計画だ。日本の勝田貴元も、トヨタ・ヤリスWRCで拡大されたプログラムに臨む。

プロフェッショナルチームによるR5マシンで戦うWRC2には、まずはヒュンダイ、Mスポーツ、PHスポールがエントリー。ヒュンダイはニコライ・グリアジンとオーレ・クリスチャン・ベイビー、Mスポーツ・フォードはアドリアン・フルモー、PHスポール(シトロエンC3 R5)はマッズ・オストベルグがドライバーを務める。プライベーターエントリーによるR5マシンで争われるWRC3には、開幕戦は13人がエントリーしている。ラリーモンテカルロは、FIA RGTカップの開幕戦も担う。

■ラリールート
今年は、オープニングセレモニーとイベントのスタートがモナコに戻り、木曜日の午後、象徴的な存在のハーバーで行われる。クルーはそのまま、夜間ステージ2本に挑む。1本目のMalijai − Puimichelは、1994年以来の設定。金曜日にも新ステージ、Saint-Clement − Freissinieresが登場。これを含むギャップ周辺の3本を2ループする。この先のルートは、2019年と同じ。土曜日は、ギャップ周辺の2本を2ループした後、ギャップでの最後のサービスに入り、その後ドライバーたちはモナコへと戻っていく。日曜日は、名門チュリニ峠を越えるステージと、La Cabanette − Col de Brausを2回ずつ走行。2本目の最終ステージは、パワーステージに指定されている。

■ラリーデータ
開催日:2020年1月23-26日
サービスパーク設置場所:ギャップ&モナコ
総走行距離:1505.64km
総ステージ走行距離:304.28km
総SS数:16

■開催選手権
WRC
WRC2
WRC3



ラリプラくんLINEスタンプ発売中!!