マルコム・ウィルソン、ヒルボネンについて語る – RALLYPLUS.NET ラリープラス

マルコム・ウィルソン、ヒルボネンについて語る

 

ミッコ・ヒルボネンとともにフォードで戦い続けたMスポーツ監督のマルコム・ウィルソン。スバルからフォードへ、そしてマーカス・グロンホルムの引退によりファーストドライバーになってからも、ヒルボネンをエースとして支え起用してきたウィルソンが、その思いをWRC.comに語った。

Q.フォードチームの一員として6年以上になりますが、ミッコの旅立ちに際してあなたの受け取り方は?
「誰もがミッコと私が常にとても近い距離にいると知っている。彼は我々の2度の世界チャンピオン獲得に非常に貢献した。彼が離れてしまうのを見ることは本当に悲しいが、一方で彼がフォードのためにしてくれた仕事には感謝している。チームを去る時点で、少なくとも彼はタイトル争いをしており、ラリーをリードしていた。しかし彼の長年にわたる貢献には最終的には感謝するし、将来の成功を願っているよ」

Q.なぜ彼にとどまるチャンスを与えなかったのですか?
「我々は彼にオプションを用意していたが、我々の優先順位はフォードがWRCにとどまることだ。オプションの時間は尽き、ミッコと彼のマネージメントチームは彼のキャリアについて考える必要があったのだろう。悲しいことだけど、彼らがしなければならないことについては、彼らの立場からも理解している」

Q.ミッコはシトロエンで成功できるでしょうか?
「誰もがミッコは完璧なサポートの役割を果たすことができると知っている。2006年と2007年に、彼は私たちも信じられないような働きをしたんだ。シトロエンでの戦略、そして誰がナンバーワンなのかはとても明確だ。ミッコが素晴らしい仕事をやろうとするのを観るのは楽しみだよ。ウェールズでもセブとタイトル争いを演じることができた。チームは常に彼を『冷静な人間』としてとらえており、いくつかのアクシデントを経験したなかでも常に堅実な仕事をしている」

Q.ミッコと入れ替わる枠には誰が?
「可能性があるドライバーはあなたたちも知ってのとおりだが、我々の優先順位はフォード(がWRCに残ること)だ。様々なドライバーに話しているが、ドライバーに関しては優先事項ではない」

Q.セバスチャン・オジエがミッコと入れ替わるといううわさもあります。検討したいと思っていますか?
「知っていると思うが、昨年我々はオジエにアプローチした。彼は間違いなく、最強のドライバーラインナップになる。しかしまだ考慮すべき点はたくさんある。最大の懸念はドライバーのための費用だ。主の状況によって解決方法が見つかるだろう」

Q.あなたがオジエと取引をすることはありますか?
「いや、私は彼と取引できる立場にないのでね。しかし私たちは話したり議論したりすることを秘密にはしていない」

Q.フォードファミリーの中にヤリ-マティのチームメイトになれるドライバーはいますか?
「結局のところ、それはすべて我々の結論に依存する。すべてがうまくいけば、我々は長期的な戦略計画を立てることができる。ラリーGBではフォードのドライバーたちからいくつかの非常に有望な印象を得ることができた。チャンスはたくさんあるよ」

Q.フォードとの契約までどれくらいの距離があるのですか?
「まだ議論の最中で、異なる見方もたくさんある。しかし、我々はそう遠くない将来に決定が得られると信じたい」



RALLY CARS
RALLY PLUS