WRCスペイン:シェイクダウンでクリス・ミークがトップタイムを記録 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCスペイン:シェイクダウンでクリス・ミークがトップタイムを記録

©TOYOTA

10月24日(木)、2019年FIA世界ラリー選手権第13戦ラリースペインのシェイクダウンがスペイン北東部のサロウで行われ、TOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamのクリス・ミーク/セブ・マーシャル組がトップタイムを、ヤリ-マティ・ラトバラ/ミーカ・アンティラ組が3番手タイムを、オィット・タナック/マルティン・ヤルヴェオヤ組が6番手タイムを記録した。

今大会最初の走行となるシェイクダウンは、サロウのサービスパークのすぐ近くで朝9時過ぎから始まった。全長2kmのステージはグラベルとターマックの両サーフェスを含み、グラベル仕様のクルマでの走行となった。しかし、金曜日からカタルーニャ地方の山岳地帯で始まる実際のSSとは道の特徴が大きく異なるため、チームはクルマのセットアップ作業よりも、システムチェックに注力した。

シェイクダウンでは走行3回目でミークがベストタイムを記録。2番手の選手よりも0.3秒速いタイムを刻んだ。また、今回がヤリスWRCでの2度目のWRC出場となる、TOYOTA GAZOO Racingラリーチャレンジプログラムの勝田貴元/ダニエル・バリット組は、ミークと1.5秒差の5番手タイムを記録。明日からのラリー本番に向けて好スタートを切った。

ラリーは今晩、夜7時にサロウのセレモニアルスタートで開幕。明日の早朝からグラベルセクションで競技が始まる。

トム・ファウラー(テクニカル・ディレクター)
「今朝のシェイクダウンはクルマの各部がきちんと機能しているかどうかをチェックする事が主目的でした。例年同様、シェイクダウンと実際のステージはあまり共通点がなく、路面は今週前半の豪雨によりかなり悪いコンディションでした。それでも、我々のドライバーが好タイムを記録したのは、ラリーの開始に向けて自信を高めるという点において良い事だと思います。クルマのセットアップは基本的にプレイベントテストや、過去のラリーの経験を基に導き出したものですが、コンディションに適応させるため少しチューニングを加えています。ステージがどのように変化するのか注視する必要がありますし、特に明日の朝は、クルマが走るごとに路面コンディションが変わっていくと思いますので、きっと興味深いスタートになるでしょう」

オィット・タナック
「今朝のシェイクダウンは万事順調、クルマのフィーリングも良好でした。今週末の戦いにプレッシャーを感じているのは確かですが、それはポジティブに思えるものです。良い戦いをしようというモチベーションをさらに高めてくれますし、必ずやり遂げる覚悟です。どのような週末になるのか楽しみですが、きっと接戦になり簡単には行かないと思うので、プッシュしなくてはならないでしょう」

TOYOTA

ヤリ-マティ・ラトバラ
「シェイクダウンは、全体的に満足できる内容でした。1回目の走行からとても良いフィーリングで、2回目、3回目と、走るごとにさらに良くなって行きました。自分にとって何よりも重要なのは、ただ運転に集中する事です。もし良い仕事をできれば、きっと良い結果が伴うはずです。このようなミックスサーフェス・イベントが行なわれるのは素晴らしい事ですし、スタートを待ち切れません」

TOYOTA

クリス・ミーク
「1番手タイムはいつでも良い気分です。しかし、このラリーのシェイクダウンステージは、ラリー本番のステージとはそれほど似ていません。それでも、今朝は全てが順調に進みました。火曜日の夜には激しい雨が降りましたが、それがグラベル、ターマックの両ステージに影響を及ぼすかもしれません。しかし、明日からのチャレンジが楽しみですし、できるだけ良い結果を残したいと思います」

TOYOTA

ラリースペイン シェイクダウンの結果
1. クリス・ミーク(トヨタ・ヤリスWRC) 1:31.6
2. ダニ・ソルド(ヒュンダイi20クーペWRC) +0.3
3. ヤリ-マティ・ラトバラ(トヨタ・ヤリスWRC) +0.7
4. テーム・スニネン(フォード・フィエスタWRC) +1.3
5. 勝田貴元(トヨタ・ヤリスWRC) +1.5
6. オィット・タナック(トヨタ・ヤリスWRC) +1.8

7. セバスチャン・ローブ(ヒュンダイi20クーペWRC) +2.0
8. セバスチャン・オジエ(シトロエンC3 WRC) +2.2
9. ティエリー・ヌービル(ヒュンダイi20クーペWRC) +2.9
10. エルフィン・エバンス(フォード・フィエスタWRC )+3.5

ラリプラくんLINEスタンプ発売中!!