WRCスウェーデン:雪と氷のラリーが開幕、SS1はヒュンダイのヌービルがトップ – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCスウェーデン:雪と氷のラリーが開幕、SS1はヒュンダイのヌービルがトップ

©Red Bull

WRC第2戦スウェーデンは初日のSS1を終え、ヒュンダイのティエリー・ヌービルがベストタイムをマークしている。2番手にはシトロエンのセバスチャン・オジエ、3番手はヒュンダイのアンドレアス・ミケルセン。

この日行われたのは、カールスタッド市内の競馬場を利用した特設SSひとつのみ。1.90kmという短いステージだが、リバースオーダーで行われたため、WRカー勢が走行する頃には轍の刻まれた部分も多く、難しいコンディションでの戦いとなった。上位陣の対決カードと結果は以下のとおり。

●エルフィン・エバンス 1:39.7
○エサペッカ・ラッピ 1:37.9

○ヤリ‐マティ・ラトバラ 1:36.9
●テーム・スニネン 1:37.6

○アンドレアス・ミケルセン 1:36.0
●オィット・タナック 1:36.8

○クリス・ミーク 1:39.3
●ポンタス・ティデマンド 1:39.7

○ティエリー・ヌービル 1:34.9
●セバスチャン・オジエ 1:35.7

●セバスチャン・ローブ 1:40.9
○マーカス・グロンホルム 1:39.0

M-SPORT

この結果、トップ3の後には4番手タナック、5番手ラトバラとトヨタ勢が続き、6番手にフォードのスニネン、7番手にシトロエンのラッピ、8番手にトヨタのグロンホルムが入った。フォード・フィエスタR5で参戦の勝田貴元は総合34番手とやや慎重なスタートを切っている。

本格的な林道ステージが始まる競技2日目はSS2〜SS8までの7SS、SS走行距離は138.04kmとなる。SS2は日本時間2月15日の15時55分スタート。

WRCスウェーデン SS1終了後暫定結果
1. T.ヌービル(ヒュンダイi20クーペWRC) 1:34.9
2. S.オジエ(シトロエンC3 WRC) +0.8
3. A.ミケルセン(ヒュンダイi20クーペWRC) +1.1
4. O.タナック(トヨタ・ヤリスWRC) +1.9
5. J-M.ラトバラ(トヨタ・ヤリスWRC) +2.0
6. T.スニネン(フォード・フィエスタWRC) +2.7
7. E.ラッピ(シトロエンC3 WRC) +3.0
8. M.グロンホルム(トヨタ・ヤリスWRC) +4.1
9. E.ピエタリネン(シュコダ・ファビアR5) +4.4
9. K.ミーク(トヨタ・ヤリスWRC) +4.4
9. J.フッツネン(シュコダ・ファビアR5) +4.4

ワールドラリーカレンダー2020