全日本ラリー高山:鎌田がまさかの脱落で新井優勝&チャンピオン確定 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

全日本ラリー高山:鎌田がまさかの脱落で新井優勝&チャンピオン確定

©Takuto Nishio

2018年全日本ラリー選手権第9戦「第46回M.C.S.C.ラリーハイランドマスターズ2018 Supported by Sammy」は、10月14日(日曜日)にレグ2の6SSを終え、新井敏弘/田中直哉(スバルWRX STI)が優勝、2018年のJN6クラスチャンピオンを確定した。

初日を終えてトップに立っていた鎌田卓麻/市野諮はこの日のオープニングとなるSS7でベストタイムをマークし、新井との差を10.6秒にまで拡大することに成功。しかし鎌田は続くSS8でミッショントラブルに見舞われ、まさかのストップ。新井はその後のステージを、首位を維持したままフィニッシュ。今シーズン5勝目を挙げ、JN6クラスのチャンピオンを確定させた。

勝田範彦/石田裕一の欠場、鎌田のリタイアということもあり、新井は少々複雑な表情で「無事にラリーも終わって、タイトルも決められたので良かったです。本当はみんなで全力で争った方が良かったかなという気はしますけどね……」とコメント。

Takuto Nishio

JN6クラスの2位は奴田原文雄/佐藤忠宜(三菱ランサーエボリューションX)、3位には全日本ラリー選手権初表彰台となる生田輝明/馬瀬耕平(スバルWRX STI)が入った。

全日本ラリー選手権第9戦 正式結果
1. 新井敏弘/田中直哉 スバルWRX STI 1:05:42.1
2. 奴田原文雄/佐藤忠宜 三菱ランサーエボリューションX +5.0
3. 生田輝明/馬瀬耕平 スバルWRX STI +2:48.9
4. 村瀬太/宮部弘陽 三菱ランサーエボリューションX +3:00.9
5. 川名賢/保井隆宏 シトロエンDS3 R3T-MAX +3:23.6
6. 眞貝知志/安藤裕一 トヨタ・ヴィッツGRMN +3:56.4
7. 小濱勇希/馬場雄一 シトロエンDS3 R3T-MAX +4:07.8
8. 明治慎太郎/北田稔 トヨタ86 +4:28.7
9. 山口清司/山本磨美 トヨタ86 +5:02.9
10. 山本悠太/北川紗衣 トヨタ86 +5:04.6
11. 天野智之/井上裕紀子 トヨタ・ヴィッツGR +5:13.7

20. 内藤学武/小藤桂一 スズキ・スイフトスポーツ +6:41.5



ワールドラリーカレンダー2020