全日本ラリー高山:初日、僅差のバトルを制し鎌田が首位 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

全日本ラリー高山:初日、僅差のバトルを制し鎌田が首位

©Takuto Nishio

2018年全日本ラリー選手権第9戦「第46回M.C.S.C.ラリーハイランドマスターズ2018 Supported by Sammy」は、10月13日(土曜日)にレグ1の6SSを走行し、鎌田卓麻/市野諮(スバルWRX STI)が、新井敏弘/田中直哉(スバルWRX STI)に6.3秒差をつけて初日トップに立った。

レッキの段階まで残っていたウエットは朝からの晴天により乾き、コンディションはほぼドライ。SS1でベストタイムを刻んだ鎌田が、3つのステージでベストタイムを刻み首位に立った。

「朝のオープニングステージで良いタイムが出た後は、新井選手と勝ったり負けたりの展開になりました。かなり攻めているので、僕自身もミスが出ています。こういった戦いになると思っていましたが、やはり接戦になりますね。明日は雨が降らないことを願っています」と、鎌田は笑顔で語る。

一方、このラリーで4位以内に入れば、今シーズンのタイトルが決まる新井は、ふたつのステージでベストタイムを記録し、2番手につけた。「今日は『青屋上り』で負けて、『駄吉下り』で勝つという感じでした。登りのツイスティな区間でどうしても、鎌田選手に負けてしまいますね。原因はタイヤなのか、ドライビングなのか……。明日は雨が降ってウエットになることを願っています(笑)」と、新井は最終日の逆転を諦めていない。

Takuto Nishio

首位から10.4秒差の3番手はSS6でベストタイムを奪った奴田原文雄/佐藤忠宜(三菱ランサーエボリューションⅩ)、1分21秒7差の4番手には村瀬太/宮部弘陽(三菱ランサーエボリューションX)がつける。序盤4番手を走行していた福永修/齊田美早子(三菱ランサーエボリューションX)はパンクやターボトラブルにより、大きく後退している。

全日本ラリー選手権第9戦 SS6終了時結果
1. 鎌田卓麻/市野諮 スバルWRX STI 32:15.3
2. 新井敏弘/田中直哉 スバルWRX STI +6.3
3. 奴田原文雄/佐藤忠宜 三菱ランサーエボリューションX +10.4
6. 川名賢/保井隆宏 シトロエンDS3 R3T-MAX +1:35.8
8. 明治慎太郎/北田稔 トヨタ86 +1:54.9
12. 山口清司/山本磨美 トヨタ86 +2:24.4
13. 天野智之/井上裕紀子 トヨタ・ヴィッツ +2:30.8
26. 内藤学武/小藤桂一 スズキ・スイフトスポーツ +3:24.3

※主催者発表の速報タイム更新に伴い修正しました。

ワールドラリーカレンダー2019