勝田貴元がフィンランド国内戦で総合3位入賞。足立はクラス2位、新井は総合18位で完走 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

勝田貴元がフィンランド国内戦で総合3位入賞。足立はクラス2位、新井は総合18位で完走

©TOYOTA

TOYOTA GAZOO Racingラリーチャレンジプログラムに参加中の勝田貴元、新井大輝およびコ・ドライバーの足立さやかが、8月31日〜9月1日に開催されたフィンランドラリー選手権第6戦Enset Oy SM-Ralliに参戦。勝田/サルミネン組は総合3位に入賞し、ニカラ/足立組もクラス2位入賞、新井/レーティネン組が総合18位で3台揃って完走を果たした。

フィンランド西部のサスタマラを拠点として開催されたこのラリーは、ラリーフィンランドと似た高速のグラベルステージで構成され、勝田、新井はフォード・フィエスタR5にてSM1クラスに、ニカラ/足立組はR4車両をベースとするスバル・インプレッサWRX STIにてSM2クラスで参戦した。

勝田/サルミネン組は最初のステージでポップオフバルブに不具合が発生し、タイムロス。トップから8.8秒遅れの9位からのスタートとなったが、次のサービスで不具合を解消し、それ以降はスピードを上げ、SS6ではトップタイムを出すなど激しい追い上げを見せ、最終的に総合3位で入賞を果たした。

SM2クラスのニカラ/足立組は序盤から彼らの良きライバルであるピエタリネン/ルマー組とトップ争いを続けた。走行した7つのステージのうち4つのステージでトップタイムを記録し、SS7でついにクラストップに立ったが、次の最終ステージ(SS8)終了時点で総合同タイムとなった。その結果、最初のステージの順位を基準とするという同選手権規定によりクラス2位となった。

新井/レーティネン組は最初のステージでトップと1.5秒差の3番手タイムを記録したが、次のステージでパンクを喫し、ステージ上でのタイヤ交換でタイムをロス。続くステージでもコースオフを喫したが、午後には調子を取り戻し、最終的に18位でラリーを終えた。

勝田貴元
「最終的に3位に入れてとてもうれしいです。最初のステージでタイムロスしましたが挽回できてよかったです。天候など状況が刻々と変わり、とても難しいラリーでしたが、朝のトラブル以外は車の状態はとても良かったのでSS6ではトップタイムも出すことができ、その他のステージでもトップに近いタイムを出すことができました。本当は優勝を狙っていたのですが、いくつかミスもあり、まだまだ改善できる部分はあると思いました。コ・ドライバーのマルコとチームのサポートに感謝しています」

TOYOTA

新井大輝
パンクをしてしまいとても残念でした。ライン上に岩があり避けることができませんでした。その後、次のステージで集中を欠いてしまって溝にはまり、コース上に戻るのにまたタイムをロスしてしまいました。その後自分を落ち着かせ、SS6からはスタート時と同じような気持ちに戻すことができました。リスクを取ることなく、トップと近いタイムを出すことができたのはポジティブな点でした。このラリーを通し、また多くのことを学び、ペースノートもドライビングもラリーフィンランドのときよりずっと良くなったと感じました。

TOYOTA

足立さやか
「結果的に順位が2位となったことは少し残念でしたが、良いラリーでした。1位になったピエタリネン/ルマー組と競うのは3度目で、良きライバルとしていつも僅差の争いを楽しんできました。私のペースノートリーディングも良くなっていると感じることができました。R5車両で戦ったラリーフィンランドから今回はR4ベースの車両に戻り、フィーリングの違いが少し心配でしたが、落ち着いてノートを読むことができました。この2年間ヤルコと一緒に参戦できてとても良い経験ができました。彼とチームの皆に感謝しています」

TOYOTA

ヤルコ・ニカラ
「ピエタリネン/ルマー組とのトップ争いはとても厳しかったです。彼らは朝のステージから全開でしたが、私は前回のラリーから車両が変わったこともあり、リズムを取り戻すのに少し時間がかかってしまいました。午後には全開でプッシュできるようになり、彼らに追い付くことができ、最終的に総合同タイムとなりました。とてもよいバトルができたと思います。サヤカのリーディングは非常によく、自信を持って運転することができました」

ヨウニ・アンプヤ(チーフインストラクター)
「シーズンを良いかたちで終えることができました。勝田は序盤のタイムロスを挽回する素晴らしい走りをし、3位に入ることができました。新井はパンクが影響し集中力を欠いてしまいその後のミスもありましたが、午後には集中を取り戻すことができました。また足立にとってはとても良いラリーとなりました。ニカラも彼女のリーディングに満足し、よいドライビングをしました。足立はフィンランドのトップを争えるレベルになったと嬉しく思っています。このラリーをシーズンの最後に選んだ理由はトップのドライバーに対して彼らの成長度合いを図りたかったからです。今回の結果で、我々の進んできた方向が正しかったと言えると満足しています」

フィンランドラリー選手権第6戦 Enset Oy SM-Ralli結果
1. Eerik Pietarinen/Juhana Raitanen (Skoda Fabia R5) 45m48.4s
2. Emil Lindholm/Mikael Korhonen (Skoda Fabia R5) +14.4s
3. Takamoto Katsuta/Marko Salminen (Ford Fiesta R5) +16.8s
4. Nikolay Gryazin/Yaroslav Fedorov (Skoda Fabia R5) +25.1s
5. Kristian Kiviniemi/Matti Kangas (Skoda Fabia R5) +28.9s

8. Jarkko Nikara/Sayaka Adachi (Subaru Impreza WRX STI) +55.5s
18. Hiroki Arai/Jarmo Lehtinen (Ford Fiesta R5) +6m01.4s



ワールドラリーカレンダー2019