全日本ラリーいわき:SS4を終えて新井がトップ – RALLYPLUS.NET ラリープラス

全日本ラリーいわき:SS4を終えて新井がトップ

©Takuto Nishio

2018年全日本ラリー選手権第7戦「MSCCラリー in いわき2018 Supported by Sammy」は、8月25日(土)の競技初日レグ1のSS4までを終えて、新井敏弘/田中直哉(スバルWRX STI)が総合首位に立っている。9.9秒差の2番手には奴田原文雄/佐藤忠宜(三菱ランサーエボリューションX)、トップから11.2秒差の3番手には勝田範彦/石田裕一(スバルWRX STI)がつけた。

各クラス上位選手のコメントは次のとおり。

JN6クラス 首位
新井敏弘

「最初のターマックは本当に難しかった。そんなには攻めていないけれど、ベストは獲れましたね。グラベルは全てウェットが残っていて、全然フロントが入ってくれない。マシンは問題ないはずだけど、路面にパワーを食われているので、まったくパワー感がない。午後もこのまま無理をせず、いきます」

JN6クラス 2番手
奴田原文雄

「まぁまぁ、順調です。路面は濡れているので、グラベルはかなりぐちゃぐちゃでした。午後に入っても、山の中で日差しが当たらないので、このまま濡れたままかもしれませんね。午後に向けてはタイヤをどうしようか考えています」

Takuto Nishio

JN6クラス 3番手
勝田範彦

「本当に暑かった! ちょっと前にやられていますね。路面は思っていたほどひどくはなかったけれど、2ループ目にどうなるか分かりません。午後はもう少しプッシュしていきたいです」

Takuto Nishio

JN5クラス 首位
川名 賢

「とにかく道が滑って大変でした。ターマックもグラベルもペースコントロールが上手くできませんでした。前回のカムイからC3に戻りましたが、マシンは問題ありません。午後は眞貝選手と競っているので、無理をせずに頑張りたいです」

JN4クラス 首位
関根正人

「思ったよりも成績が出たので、舗装で勝てると思っていなかったので、展開が少し楽になりました。午後はこのリードを守りたいです」

JN3クラス 首位
大倉 聡

「クルマがオーバーヒートしていて、厳しい状況です。クラストップにいますが、このリードを守るのは難しいと思います。サービスでチェックしますが、これが直るかは分からないです」

JN2クラス 首位
鎌野賢志

「トップみたいですね。午前中にいい走りができるのは珍しいので、午後に何かミスしないように気をつけたいです。この差を詰められないように頑張ります」

JN1クラス 首位
古川 寛

「かなり厳しいコンディションでどうなるかと思いましたが、なんとかトップに立てました。安全第一で、そつない走りを心がけました。午後も今の走りをキープして、淡々と走りたいと思っています」

ワールドラリーカレンダー2020