WRCイタリア:ヌービル「日曜日はフルアタック」デイ3コメント集 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCイタリア:ヌービル「日曜日はフルアタック」デイ3コメント集

©Hyundai Motorsport GmbH

ラリーイタリア、デイ3終了後の各ドライバーからのコメント。選手権リーダーとしてイタリア戦に臨んでいるヒュンダイのティエリー・ヌービルは、首位につけるオジエに3.9秒差で迎える最終日を前に、真っ向勝負への決意を明確に表した。
(カッコ内は順位の前日比)

[Mスポーツ・フォードWRT]
フォード・フィエスタWRC

■セバスチャン・オジエ/総合首位(=)

M-SPORT / @World

「基本的にはいい一日だったし、ドライビングを楽しめたが、一つだけ予定通りに行かなかったことがある。どうしてかは分からないが、SS12でリズムがつかめず、常にタイムをロスしていた。明日は間違いなくビッグバトルになるが、うれしいよ。でも正直、この週末はどの段階でも気を抜ける時間は一度もない」

■テーム・スニネン/総合13位(↑)

M-SPORT / @World

「ラクではない日だったし、リズムをつかむのが難しかった。昨日のことがあり、少し慎重になり過ぎていたのだと思う。それでタイムをかなりロスしてしまった。でも、たくさん経験を積むことができるし、それは将来につながる。来年は、速くなれると信じているよ」

■エルフィン・エバンス/総合14位(↑)

M-SPORT

「先頭走行がラクになる状況は決してないし、戦いにもならなかった。今日はトリッキーなセクションがあったので、とにかくミスをしないように集中した」

[ヒュンダイ・モータースポーツ]
ヒュンダイi20クーペ WRC

■ティエリー・ヌービル/総合2位(=)
「いい一日だったし、最終日の朝、セバスチャン自分との優勝争いに向けていいバトルに持ち込むことができた。差は3.9秒しかないので、日曜日は優勝を目指してフルアタックをかける。今日はステージウインを3本重ねていいパフォーマンスが見せられたし、マシンでもフィーリングはよかった。金曜日の午後に抱えた小さなダメージをメカニックたちが見事に直してくれて、今日の午前はすぐにいつも通りの状態に戻れたよ。昨日よりもリスクは負わなかったが、それでもプッシュできたし、マシンも扱いやすかった。午後はスムースではなかったが、トラブルは避け切れたし、明日はエキサイティングなフィナーレを楽しみにしているよ」

■ヘイデン・パッドン/総合4位(↑)

Hyundai Motorsport GmbH

「金曜日よりも、今日はコンディションを楽しめた。多少、砂利を掃かなくてはならなかったが、それほど大変にはならなかった。午前のループはグリップがよく、シェイクダウンでつかんだポジティブなフィーリングが少し戻ってきた。今日はマッズにプレッシャーをかけ続けた。明日は接戦になる。マニュファクチャラーズ選手権のポイントを獲得することが重要なので、ムチャはしないが、4位は目前なので守り切るために全力を尽くす」

■アンドレアス・ミケルセン/総合20位(↑)

Hyundai Motorsport GmbH

「今日はラリー2での再スタートなので、狙うものはそれほどなかった。序盤はラリーをリードしていたので、好リザルトに向けてプッシュできなかったのは残念だ。でも、来年のために、マシンのいいフィーリングをつかんで、経験を積みたかった。この状況では、できることはそれほどないからね。モンテ・ラーノの1回目ではスピンをしてしまい、リピート走行ではパンクをしてしまったが、それ以外はまずまずの一日。明日、パワーステージポイントのためにプッシュできるか、楽しみだ」

[トヨタ・ガズーレーシングWRT]
トヨタ・ヤリスWRC

■エサペッカ・ラッピ/総合3位(↑)

Toyota Gazoo Racing WRC

「今日はかなり楽しかった。ヤリ‐マティといいバトルができた。あるステージで自分の方が速いと、次では彼の方が速い。これが午前中も午後も続いた。ヤリ‐マティがトラブルに遭ったのは残念。明日は、上位とも後続とも離れているので、それほどハードにプッシュする必要はなくなった。午後はマシンのフィーリングがすごくよかったので、かなり自信が高まっているよ」

■ヤリ‐マティ・ラトバラ/総合8位(↓)
「こんな終わり方ではあったが、全体としてはいい一日だったと言える。SSでは、ラフなセクションでは慎重に、コンディションがよければハードにプッシュした。エサペッカがとてもいいタイムを出して、差がどんどん詰まってきたので、最後のステージはとにかくアタックしたかった。ステージはフィニッシュしたが、オルタネーターの警告が出て、最終的にリエゾンでバッテリーが切れた。今回は絶対にポディウムに上がりたかったので、本当に悔しい。明日は戦いを続け、できる限り多くポイントを獲って行きたい」

■オット・タナク/総合9位(↑)

Red Bull

「昨日は悔しい一日になったので、今日は走り続けることが重要だった。日中サービスでマシンにいくつか変更を行い、午後はとても楽しめた。マシンのフィーリングはほぼ完璧で、いいリズムがつかめた。残念ながら最後のステージで、なぜかパンクしてしまった。明日はあと一つ順位を上げたかったが、差が少し広がって締まったので、もう少しがんばらなくてはならなくなった。でもあきらめない。明日は、最初からビッグアタックをして、順位を一つ上げていきたい」

[シトロエン・トタル・アブダビWRT]
シトロエンC3 WRC

■マッズ・オストベルグ/総合5位(=)

CITROEN

「午後はスペアを2本積んで安全パイで行ったが、いいポジションをキープできた。今日はとても楽しめたし、コンディションも予想に近づいてきた。明日もエキサイティングな接戦になりそうなので、待ち切れないよ!」

■クレイグ・ブリーン/総合6位(↑)

CITROEN

「走行順は悪かったが、なかなかのタイムも出た。しかし、スタビライザーのマウントが破損してしまい、轍が掘れた午後の2本のロングステージではスローダウンした」

RALLY PLUS