WRCポルトガル:ブリーン「しばらく雨が降っていなかったみたいだね!」デイ3コメント集  – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCポルトガル:ブリーン「しばらく雨が降っていなかったみたいだね!」デイ3コメント集 

©CITROEN / @World

ラリーポルトガル、デイ3終了後の各ドライバーからのコメント。この日のサンディなステージに、先頭走行で挑んだシトロエンのクレイグ・ブリーン。大役を果たした感想には、砂利掃きの難しさがにじみ出ている。
(カッコ内は順位の前日比)

[ヒュンダイ・モータースポーツ]
ヒュンダイi20クーペ WRC

■ティエリー・ヌービル/総合首位(=)

Hyundai Motorsport GmbH

「とてもポジティブな一日になり、順位には大満足。日曜日は、ファフェを2回走行するなどトリッキーなステージもあるので、リラックスはまだできない。今日はリードを広げることに専念して、両方のループともクレバーな戦略をとらなくてはならなかった。ロングのアマランテでは、パフォーマンスを最大限に活かすために、場所によってタイヤをセーブした。ここで差を広げられると分かっていた。とても楽しめたし、思い切りプッシュすることができた。午後はウエットの部分も少しあったが、うまく対応してマージンを広げることができた。まだ5ステージ残っているので集中を続けて、結果を待つよ」

■ダニ・ソルド/総合3位(=)

Hyundai Motorsport GmbH

「基本的には、一日の内容とポディウム争いができたことに満足している。後ろとの差が小さいので、プッシュを続けなくてはならない。今日の反省点は、最後のアマランテのリピートでハーフスピンをしてしまったこと。なぜ起きたのか分からない。何か奇妙な感じがしてリヤのグリップを失ったが、集中を維持した。すぐに自信を取り戻し、タイムロスを取り戻した。大観衆のおかげで、日曜日にポディウム争いをするモチベーションを高めてもらった。これが目標だよ!」

■アンドレアス・ミケルセン/総合18位(↑)

Hyundai Motorsport GmbH

「まず、今日の走行に戻してくれたチームの努力に感謝している。今日のために、エンジンのセッティングを調整しなくてはならなかった。このため、パワーをフルに出すことはできなかったので、その中でベストを尽くすしかなかった。それを考えれば、かなりいい一日になったと思う。マニュファクチャラーズポイントを獲得するために、クリーンにこのラリーをフィニッシュすることが重要だ。上位争いはしたいと常に思っているし、明日はパワーステージポイントを狙っていければと思う」

[Mスポーツ・フォードWRT]
フォード・フィエスタWRC

■エルフィン・エバンス/総合2位(=)
「全体として、かなりハッピーな一日だったと思う。全てが完璧ではなく、アマランテの走行は2回とも少し残念な内容だった。でも、総合的には満足できると思うし、いい順位につけて明日を迎えられる」

■テーム・スニネン/総合4位(=)
「いい一日だったし、今日課題にしていた低速のセクションでの走りを改善できたので、とてもうれしい。あとは残り5本だし、ポディウム争いのチャンスもありそうだ。このバトルにいられることがとてもうれしいし、明日はこの流れを続けていきたい」

■セバスチャン・オジエ/総合23位(↑)

M-SPORT

「エキサイティングな一日ではなかったが、有意義に使いたかったので、マシンのことやセットアップで細かいところを改善することに努めていた。その内容には満足している。2ループ目では一番速かったし、ベストタイムでこの日を終えられた。明日は、唯一パワーステージポイントが自分たちに挑める要素。走行順がかなり早いので簡単にはいかないが、少なくとも失うものは何もない」

[トヨタ・ガズーレーシングWRT]
トヨタ・ヤリスWRC

■エサペッカ・ラッピ/総合5位(=)

Toyota Gazoo Racing WRC

「かなりいい一日だった。マシーンのフィーリングはよかったし、本当にハードにプッシュしていた。一日中、特に午後は、ここまでハードにプッシュをしたことはないと思う。全力を尽くしたし、とても楽しかった。上位陣はいい走りをしていたので、タイムを詰めるのは大変だったが、自分のドライビングには満足している。これほど長い間、限界の走りを続けることができたからね。午後はハードタイヤで行ったが、リスキーな選択だったし、うまくいかなかったが、ライバルとの差も失うことはなかった。最終日に向けてギャップはかなり大きいが、プレッシャーを与え続けていきたい」

■ヤリ‐マティ・ラトバラ/総合31位(↑)

Toyota Gazoo Racing WRC

「今日の内容には、本当に、本当にハッピー。ステージウインを2本獲ったので、速さがあることも分かっている。それでもまだ、余裕を残している。特に午後はかなりラフな場所もあったので、マシンを壊さないよう少し慎重になった。クリーンに過ごすことが重要だったからね。自分も速さと自信をつかみ始めている。いま求められる要素は、最後まで走りきること。明日も同じアプローチだ。コンペティティブでありたいし、明日もクリーンな日にしたい。そしてもちろん、パワーステージではアタックしてポイントを獲得したい。サルディニアに向けて、自信を高め続けていきたいね」

[シトロエン・トタル・アブダビWRT]
シトロエンC3 WRC

■マッズ・オストベルグ/総合6位(=)

CITROEN / @World

「午前中は順調だった。C3 WRCには絶対の自信を感じていたし、走行順を考えればタイムもかなりよかった。誰ともポジション争いをしていないので、午後はセッティングのテストを行って、マシンの改良を続けることにした。少しプッシュし過ぎたところもあるかもしれないが、全ては学ぶ上での過程だ」

■クレイグ・ブリーン/総合7位(↑)
「難しい一日だった。ドライでサンディな路面を、大量に掃かなくてはならなかった。ここは、しばらく雨が降っていなかったみたいだね! でも、これも経験のうち。いつか、最高の一日を迎えるための戦いに備えるためには必要だし、何よりC3 WRCのフィーリングがとてもよかった」

■クリス・ミーク/SS12でラリーリタイア
「高速の左コーナーで曲げるのがわずかに遅くなり、ラインを外してコーナーのアウト側のルーズグラベルに乗り上げてしまい、コントロールを失った。チームには本当に申し訳なく思う。自分のミスだ。しっかり反省したい。でも、ポルトガルでのC3 WRCのフィーリングはとてもよかったことは、この週末のポジティブな点だ」



ワールドラリーカレンダー2020