全日本ラリー丹後:初日を終えてスバルの勝田範彦がトップ – RALLYPLUS.NET ラリープラス

全日本ラリー丹後:初日を終えてスバルの勝田範彦がトップ

©Naoki Kobayashi

全日本ラリー選手権第3戦「NISSIN Rally丹後2018 Supported by Sammy」はSS6までの初日競技を終えて、スバルWRX STIの勝田範彦/石田裕一が首位に立っている。僅差の2番手は同じくスバルWRX STIの鎌田卓麻/市野諮、3番手には三菱ランサーエボリューションXの福永修/齊田美早子がつけている。

丹後半島の内陸部を舞台としたラリーは、場所によって道幅や路面が大きく変化する難しいステージ。状況に合わせたドライビングの切り替えと、対応力が求められる。ラリーがスタートすると、前戦悔しい結果となった鎌田がSS1、SS3、SS4とベストタイムを刻んでラリーをリード。2番手につけた勝田との差を徐々に広げていく。しかし勝田もSS5を制して逆転。0.6秒という僅差ながら、ラリーリーダーに立つと、続くSS6でもベストタイムをマークして、差を1.6秒とした。勝田は「明日もしっかり勝負して、この位置を守りたいと思います」と、シーズン初勝利を視野に入れたコメントを残した。

JN5クラスは今シーズン初出場となる小濱勇希/草加浩平(シトロエンDS3 R3-MAX)がトップ。2番手の眞貝知志/安藤裕一(トヨタGRMNヴィッツ)に50秒以上の差をつけて盤石の構えで2日目に臨む。「だんだん運転の正解が分かってきた気がします。まだドライビングで気づいたことがあったので、明日も頑張ります」と、明日に向けての意気込みを語っている。2番手の眞貝は、今回が初投入となるGRMNヴィッツで挑むが、車両特性を完全には把握しきれていないようだ。「クルマは好調に走ってくれ、トラブルの類は一切ありません。でも、このクルマが出すべきタイムには達していませんし、まだまだ行けると思います」とポテンシャルの高さを強調した。

JN4クラスは2台のトヨタ86によるバトル。山口清司/山本磨美が山本悠太/北川紗衣を5秒リードして初日を終えている。序盤リードしていた山本を午後になって逆転した山口は、「サービスでバネとセッティングを変えたことで、だいぶ良くなりました。ペースも上がりましたね。山本選手とは楽しいバトルになっています。リズム良く走れていますので、明日も落ち着いて頑張ります」と、この日を振り返った。JN4クラスは3番手に香川秀樹/松浦俊朗のホンダ・シビックタイプR(FD2)、4番手に西川真太郎/本橋貴司のスズキ・スイフトスポーツ(ZC33S)が続いている。また、天野智之/井上裕紀子はJN3クラスが不成立となったため、JN4クラスに編入されることに。「完走を目指しながら、色々と試しています。明日は別のタイヤを試して、他のクラスとのタイム差をみていきたいですね」と淡々と語った。

JN2クラスはスバルBRZの鈴木尚/鈴木裕がリード。前戦で勝利を挙げた明治慎太郎/北田稔(トヨタ86)に20秒以上の差をつけて首位に立っている。鈴木は「運が良かった面もあったと思いますが、まだ安心できる差ではないので、明日も気を引き締めて走ります」と、さらなる好走を誓う。

JN1クラスはホンダ・フィットの小川剛/佐々木裕一がトップ。SS1でのフライングペナルティが響き10.6秒差の2番手に伊藤隆晃/大高徹也(日産ノートNISMO S)という接戦。セクション1トップの古川寛/廣田幸子(スズキ・スイフトスポーツ)は、TC6で遅着ペナルティを受け1分15秒7差の4番手。3番手にはポイントリーダーの三苫和義/遠藤彰(ホンダ・フィット)が浮上している。セクション1トップの古川をSS4で逆転しクラス首位に立った小川は、「タイヤの空気圧を調整して、1周目よりもグリップが上がりました。前回のように逆転されないように頑張ります」と、手応えを語っている。

ラリー最終日の29日(日)はSS7〜12の6SS、35.18km。レグ1のリバースステージが多く、それがどうタイムに影響するか注目のポイントと言えるだろう。

全日本ラリー選手権第3戦 SS6終了時点結果
1. 勝田範彦/石田裕一 スバルWRTX STI 33:35.0
2. 鎌田卓麻/市野諮 スバルWRTX STI +1.6
3. 福永修/齋田美早子 三菱ランサーエボリューションX +14.4
4. 奴田原文雄/佐藤忠宜 三菱ランサーエボリューションX +18.0
5. 新井敏弘/田中直哉 スバルWRTX STI +52.2
6. 村瀬太/宮部弘陽 三菱ランサーエボリューションX +57.9

7. 小濱勇希/草加浩平 シトロエンDS3 R3-MAX +1:00.6
9. 鈴木尚/鈴木裕 トヨタ86 +1:34.6
10. 山口清司/山本磨美 トヨタ86 +1:39.5
20. 天野智之/井上裕紀子 トヨタ・ヴィッツ +2:35.1
23. 小川剛/佐々木裕一 ホンダ・フィット +3:04.2



RALLY PLUS