WRCフランス:勝田貴元「前戦の勝利は忘れて、経験をしっかり積む」 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCフランス:勝田貴元「前戦の勝利は忘れて、経験をしっかり積む」

©Naoki Kobayashi

WRC第4戦ツール・ド・コルス、併催イベントとして行われるWRC2に参戦する勝田貴元。WRCを走るのは、WRC2初優勝を果たした第2戦スウェーデン以来となる。

「自分の中ではスウェーデンのことは忘れていますし、まったく別のラリーだと思っています。僕自身、WRCのフルターマックイベントに参戦するのは、今回のツール・ド・コルスが初めて。このラリーの前にイタリア選手権のラリー・イル・チョッコを走ったんですが、まだ舗装路での走りを掴みきれていない部分があります。今回のラリーを通して、しっかり成長したいですね」

彼が走ったイタリアの舗装路とは、かなり異なる特徴を持つコルシカのステージ。レッキを終えて、55kmにも及ぶロングステージでの集中力が鍵になると指摘した。
「レッキ自体は問題なくこなせましたが、すごい長いステージがかなりトリッキーでした。今まで以上に難しく感じましたし、すごく頭を使いました。集中力の維持はもちろんですが、インカットされる際にどれくらい泥が出るのか、想像しながらのレッキなんです。精神的に疲れました(笑)。ストレートがほとんどないので、頭を休める箇所がないんですよ」

ラリー中の天候の変化もコルシカでは重要なファクターとなる。勝田は今回の目標として、しっかりとラリーを走り切ることを挙げた。
「雨が降ればサバイバルになる可能性もあります。順位を求めるよりも、経験を積むためにしっかり走り切ることが大事です。最初と最後で成長した証をタイムで見せたいですね」



RALLY CARS