パワーステージ規定の変更で故意のチェックイン遅延を牽制、WRCフランス戦から適用 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

パワーステージ規定の変更で故意のチェックイン遅延を牽制、WRCフランス戦から適用

©M-Sport

FIAは世界ラリー選手権(WRC)のパワーステージに関する新たな規定を採択し、今週開催されるWRCツール・ド・コルスから施行する。

ワールドモータースポーツカウンシルによる電子投票によって決定された新規定では、与えられた順番でパワーステージをスタートしなかったコンペティターには、パワーステージポイントが与えられない。

FIAは、より良好な路面状況で走行するため故意にタイムコントロールのチェックインを遅らせるという最近の例を挙げ、これが観客に不透明感を与えていると言明。この規定変更は、最終ステージの走行順が変わることで、テレビ局への配信が予定されている表彰式の段取りが狂うことに辟易したWRCプロモーターが主導したものと見られている。

他のSSでもマシンの間隔が変動的になることで観客を困惑させる状況は発生するが、パワーステージ以外のSSにはこのルールは適用されなかった。
(Martin Holmes)

RALLY CARS