WRCフランス:オジエ「もっと厳しい戦いになると予想していた」ポスト会見 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCフランス:オジエ「もっと厳しい戦いになると予想していた」ポスト会見

©Red Bull

WRCフランスのフィニッシュ後に行われたイベントカンファレンスの内容(抜粋)。例年、僅差の戦いが続くツール・ド・コルス。今年は天候も安定していたが、初日からの大差を最後までキープして優勝を飾ったオジエは、その展開に驚きも見せた。

●WRCポストイベントカンファレンス出席者

Red Bull

1位:セバスチャン・オジエ=SO(Mスポーツ・フォードWRT)
1位:ジュリアン・イングラシア=JI(Mスポーツ・フォードWRT)
2位:オット・タナク=OT(トヨタ・ガズーレーシングWRT)
2位:マルティン・ヤルベオヤ=MJ(トヨタ・ガズーレーシングWRT)
3位:ティエリー・ヌービル=TN(ヒュンダイ・シェル・モビスWRT)
3位:ニコラ・ジルスール=NG(ヒュンダイ・シェル・モビスWRT)
マルコム・ウィルソン=MW(Mスポーツ・フォードWRTチーム代表)

Q:セブ、おめでとう。この勝利を得た気分は
SO: とてもうれしいよ。いいパフォーマンスが出せた。もっと厳しい戦いになると予想していた。いつも僅差になるので、最初から大差をつけることができた。その後は簡単ではなかった。ミスをしたくないし、差をコントロールするのはいつもチャレンジングだからね。

M-SPORT

Q:張り合える相手はいなかったようだ。かなり満足なのでは
SO: もちろん。マシンにも感謝している。これで正しい方向に進み始めたし、他よりも前進できた。しかし、2戦でいい戦いができたからといって、これで終わりではない。プッシュを続けなくては。

Q:マシンは、より自分に合ってきているようだ。開発の効果か
SO: 今、まさに最新の状態。フォードからのサポートは、この後で効果が確実に出てくる。こうしたことが実を結ぶには、時間がかかるものだからね。開発は、自分がMスポーツにいることの鍵となる要素なので、努力が報われ始めて、とてもうれしいよ。

Q:ジュリアン、コ・ドライバーにとって大変なイベントだ。ノンストップで30分間、話し続けるのは、まさにチャレンジなのでは
JI: そうかもしれないね。でも、自分が話していることを作るまでのプロセスもチャレンジだ。この週末を通して、本当に過酷だった。ツール・ド・コルスは、いつも過酷。まさにチャレンジだったから、みんなのことも労いたい。

Q:いい経験はできたか
JI: そうだね。新しいステージや、エリアがあった。美しいところで写真も撮ったよ。訪れた場所で美しい写真を撮れるということも、この仕事の励みになるところだ。

Q:オット、この週末、ずっと調子をあげていたように見える。昨日から今日にかけて、一気に追い上げてきた
OT:記者会見に参加できて、本当にハッピーだよ。ツール・ド・コルスは、自分が苦手としていたラリーだからね。ここで強いと感じたことがなかった。今年のアプローチは、一貫性を持つことだった。いいペースで滑り出せたし、昨日は改善できて、今日は限界に近づくことができた。今日の午前中は、激戦もできた。すべてが報われて、うれしいよ。

TOYOTA

Q:今日最初のステージのスプリットを見て、かなり気合いが入っていると感じられたが
OT:限界で走り続けようとがんばっていた。長くてトリッキーなステージだったので、注意も続けなくてはならなかった。でも、タイムを見て本当に報われた。

Q:次のアルゼンチンでのプランは
OT:その前に、開発作業のためにサルディニアに行く。チームは、すべてを形にしようと必死でがんばっている。彼らとプッシュし続けていくが、正しい方向に向かっていると思う。

Q:マルティン、自分の仕事はうまくいったか
MJ:体はヘトヘトだよ。洗車機の中で3日間過ごしたような感じだ! でも素晴らしいラリーだった。特に天気が安定していたので、ラッキーだった。結果にもかなり満足しているよ。

Q:「かなり満足」は、エストニア人の口癖か
MJ:そう、勝てなかった時は、かなり満足、止まりだ。

TOYOTA


Q:特に厳しかったステージはあるか
MJ:特にない。どのステージでも集中しなくてはならないから、どれか一つ選ぶのは難しいね。

Q:従兄弟がジュニアWRCでコ・ドライバーとして参戦しているが、何かアドバイスは送ったか
MJ:特にしていない。走行順がかなり離れているからね。でも、彼らもフィニッシュしたと聞いたので、よくやったよ!

Q:ティエリー、最終ステージでは何があったのか。マシンの動きがよくなかったようだ
TN:そんなことはない。エンジンはヘトヘトだったと思うが、走行は続けられた。自分とダニとの差がよく分からなかったので、最終的なリザルトには満足しなくてはならない。でも、内容は喜べるものではない。差を大きくつけられ過ぎたし、とにかく張り合えなかった。悔しいよ。

Q:何が狂ってしまったのか
TN:バランスは完全にいいものではなかった。それでも、できる限りプッシュした。ニコラもいい仕事をしてくれた。初日の後は、トップ5にも絶望的だった。全開で攻めたが、どこを改善できるか検討しなくてはならない。

Hyundai Motorsport GmbH

Q:次はアルゼンチンだが
TN:楽しみにしているよ。次のイベントに専念したいね。いいテストができると思う。ポディウムか、それ以上で戦いたいね。

Q:ニコラ、最終ステージでのチャレンジは厳しかったか
NG:そうだね。でも、この週末で一番チャレンジングなステージではなかった。事実、ティエリーの能力に感銘を受けたくらいだ。隣のシートから見ていると、ほれぼれしたよ。でもタイムはよくなかった。この点は、取り組まなくてはならない。

Q:マルコム、メキシコに続いて素晴らしい週末になった
MW:最高の週末だった。金曜日のスプリットを見て、ジュリアンとセバスチャンのパフォーマンスに、驚愕したよ。でも、それからの2日間は、差をコントロールしなくてはならないプレッシャーが大きかった。メキシコはこれまで見た中でも秀逸の走りだったが、今回も見事なパフォーマンスだった。

Q:セバスチャンが一度首位に立ってからは、それを守り切る自信は常にあったか
MW:5連覇王者なので、自信はあるね。チームは、かなりプレッシャーが軽減されるよ。

Q:WRCでもかなり予算の厳しいチーム、マシンがいい形になってきたことにはかなり満足しているのでは
MW:そうだね、ここにたどり着くまでにかなりがんばってきたよ。今は、開発面でフォードからより支援を受けている。プッシュを続けられるのであれば、まだ成長もしていける。

Q:ダン・バリットの負傷で今回、エルフィンは代替コ・ドライバーと一緒に参戦しなくてはならなかったが、彼と2010年ぶりの実戦に臨んだフィル・ミルズのパフォーマンスについて、どう考えるか
MW:ダニエルの参戦を見送ったことは、間違いなく正しい決断だった。代替はフィルしかいなかった。ずっとグラベルクルーをやってくれていたからね。でも、彼の起用は直前でシェイクダウン前だった。かなり厳しいミッションだった。とにかくフィルが代役を務めてくれて、感謝している。ダニエルはアルゼンチンに間に合ってくれると思う。そして、セバスチャン・オジエのサポートとしてエルフィンを助けてあげて欲しい。

RALLY PLUS