STI、創立30周年記念ロゴをニューヨーク国際オートショーで発表 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

STI、創立30周年記念ロゴをニューヨーク国際オートショーで発表

©STI

STIは、4月2日に同社が創立30周年を迎えるにあたり記念のロゴマークを制定し、3月28日から米ニューヨークで始まる「ニューヨーク国際オートショーの会場で発表した。

スバルの子会社として1988年4月2日に創立されたSTIは、FIA世界ラリー選手権(WRC)で3回のマニュファクチャラーチャンピオンを獲得し、ニュルブルクリンク24時間レースでは4回のクラス優勝を果たすなど、モータースポーツ活動で数多くの実績を残してきた。また、1998年にインプレッサ22B-STI VERSIONを発売して以来、数多くのコンプリートカー、特別仕様車を発売し、多くのSUBARUファンの支持を得ている。

創立30周年記念ロゴは、STIの企業理念と、ユーザーへの感謝と絆を表現しているという。STIのカンパニーメッセージワードである「STI Performance」の意を込めた”STI”ロゴを中心に、世界一を目指すブランドの象徴として月桂樹を周囲に配置。その上部に、STIの30年にわたる世界一への挑戦を記念する“30th ANNIVERSARY”が配置されている。

ラリプラメンバーズ2019