スバル、新開発直噴エンジン搭載の新型フォレスターを世界初公開 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

スバル、新開発直噴エンジン搭載の新型フォレスターを世界初公開

©SUBARU

スバルは、米国ニューヨークにおいて、新型「フォレスター」を世界初公開した。

第5世代となる新型「フォレスター」は、スバルが最量販車種と位置づけるグローバル戦略車。取り回しのよさと室内の広さを両立したパッケージングや、運転支援システム「アイサイト」に加え、スバル初となる乗員認識技術「ドライバーモニタリングシステム」など使い勝手の良い装備を採用した。SUBARU共通のデザインフィロソフィー“DYNAMIC x SOLID”のもと、SUVらしい逞しさや機能的で使いやすさが感じられるデザインを表現したという。

従来の2.5Lエンジンに対し約90%の部品が刷新され直噴化された新開発2.5L水平対向4気筒直噴エンジンFA25型は、環境性能を高めながらも出力とトルクを向上。雪道や泥道等の悪路から、濡れた道、高速道路といった様々な路面状況において安定した走行性能を発揮するシンメトリカルAWDと、制御を最適化したX-MODEで悪路走破性が向上されている。さらにSUBARU GLOBAL PLATFORMを採用し、動的質感が大幅に向上された。

米国向け新型「フォレスター」は、2018年秋に販売開始の予定となっている。

【新型「フォレスター」(米国仕様)の主な仕様】

ボディサイズ(全長×全幅×全高): 4625×1815×1730mm
ホイールベース: 2670mm
最低地上高: 220mm
エンジン: FA25型 2.5L水平対向4気筒DOHC16バルブAVCS直噴
 排気量: 2498cc
 ボア・ストローク: 94 × 90mm
 出力: 182hp/5800rpm
 トルク: 176lb-ft/4400rpm
 燃料タンク容量: 63L
 燃料種類: 87AKI
トランスミッション: リニアトロニック
駆動方式: シンメトリカルAWD
タイヤサイズ: 225/60 R17、225/55 R18
乗車定員: 5名



RALLY CARS