三菱、エクリプス クロスを3月1日より国内販売開始 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

三菱、エクリプス クロスを3月1日より国内販売開始

©MITSUBISHI

三菱自動車は、新型コンパクト SUV『エクリプス クロス』を全国の系列販売会社を通じて3月1日(木)から販売を開始した。車両本体のメーカー希望小売価格は 253万600円~309万5280円。

「M」「G」「G Plus Package」の3つのグレードが用意され、1.5リッター直噴ガソリンターボエンジンにINVECS-Ⅲ 8速スポーツモードCVTを組み合わせる。

『エクリプス クロス』は、コンパクト SUV『RVR』とミッドサイズ SUV『アウトランダー』及び『アウトランダーPHEV』のクロスオーバーSUV ラインアップに新たに加わる新型コンパクトSUV。これまでにないスタイリッシュなクーペフォルムとダイナミックなSUVの機動力を融合した、三菱自動車らしいクーペSUVとし、行動意欲を掻き立てる個性的なデザイン、新たな楽しみへの閃きをもたらすコネクティビティ、四輪制御技術による安心して楽しめるドライビングフィールを特長とする。「行動範囲を広げたい、さまざまなことに挑戦したい」というユーザーの想いに応えるクーペSUVとなっている。

『エクリプス クロス』は中期経営計画“DRIVE FOR GROWTH”を達成するためのグローバル戦略車で、岡崎製作所(愛知県岡崎市)で生産しており、すでに 2017年10月に欧州、11月に豪州・ニュージーランド、アセアン地域、2018年1月に北米に向けて出荷しており、最終的に約80ヶ国へ展開する計画。国内では2017年12月22日(金)より予約注文を受け付けており、2018年2月末時点ですでに約5000台の予約注文があるという。

エクリプス クロス スペシャルサイト
https://www.eclipse-cross.jp/