Mスポーツ陣、「テストは上々」 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

Mスポーツ陣、「テストは上々」

 

 フォードからのワークス支援撤退表明後、カタールからの支援が決定、ドライバーも一新して2013年を迎えるMスポーツ陣。15日から始まる開幕戦ラリーモンテカルロに向けて行ったフォード・フィエスタRS WRCのテストを、上々の内容で終えたようだ。

 昨年は初参戦のモンテカルロで5位に入ったエフゲニー・ノビコフは「先週はドライコンディション、先月はウェットでテストを行い、いずれも上々の内容だった。先週のテストではセットアップやタイヤで学ぶことが多くとても充実したが、なによりモンテカルロで予想される全てのコンディションを試すことができたことが重要。もちろんモンテカルロは、いつも天気が変わりやすいが、できる限りの準備は整えたという手応えを感じる」とコメント。

 一方、カタールMスポーツのチームメイト、マッズ・オストベルグは、今回がモンテ初参戦。「とても大きな挑戦となるだろうね。スノーやアイスが多く難しいラリーになれば、経験差はあまり不利にはならないと思う。初参戦でポディウムを狙うのは難しいイベントだから、現実的なところを見ないとね。でも、いい流れになればトップ5は可能のはずだ」

 年末にシトロエンからフォードに電撃移籍、今季はカタール・ワールドラリーチームから参戦するティエリー・ヌービルは「先週木曜日はとてもいいテストになり、とてもポジティブな感触を得ている。フィエスタRS WRCでの初めての実戦なので、難しくなることは確かだ。このラリーは賭けのようなところもあるので、もしトラブルなしで走り終えることができれば、そう悪いポジションにはならないだろう」

RALLY PLUS
RALLY PLUS