アフリカ選手権開幕戦にステファン・ペテランセルがSxS車両で登場 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

アフリカ選手権開幕戦にステファン・ペテランセルがSxS車両で登場

©rallyedubandama

ERC、APRCと並ぶFIA地域ラリー選手権のひとつ、アフリカラリー選手権の開幕戦バンダマラリーがアイボリーコーストで開催され、ステファン・ペテランセルが、サイドバイサイド・クワッドバイクのヤマハYXZで参戦した。

ヤマハ製バイクでダカールラリーを6勝した経験を持つペテランセルは、最終2本目まで首位に立っていたが、ここで9分をロス。それでも、同じくサイドバイサイド・クワッドバイクのヘレミー・ワルニアに続く3位でのフィニッシュを果たした。優勝したのは、三菱ランサーエボリューションXで参戦したギャリー・シャインズ。

rallyedubandama

このイベントにFIA選手権登録として参戦したのは、3台のみ。いずれも三菱ランサーエボリューションIXのドライバーで、残る34台はすべてグループSクラスだった。ペテランセルが駆ったSxS車両は、オーストラリア選手権でラリーに導入されているが、FIAラリー選手権イベントで参加が認められたのは、これが初めて。今回は合計4台がスタートした。
(Martin Holmes)



ワールドラリーカレンダー2019