WRCスウェーデン:デイ3を終えてラッピ6位、ラトバラ7位にそれぞれ浮上 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCスウェーデン:デイ3を終えてラッピ6位、ラトバラ7位にそれぞれ浮上

©TOYOTA

2月17日(土)、2018年FIA世界ラリー選手権(WRC)第2戦ラリースウェーデンのデイ3の競技がスウェーデンのトルシュビーを中心に行われ、TOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamのエサペッカ・ラッピ/ヤンネ・フェルム組が総合6位、ヤリ-マティ・ラトバラ/ミーカ・アンティラ組が総合7位へと、それぞれ前日よりもひとつ順位を上げた。また、オット・タナク/マルティン・ヤルヴェオヤ組は総合9位につけ、ヤリスWRCは全車が明日の最終日デイ4に臨む。

ラリースウェーデンのデイ3は、森林地帯を中心に合計距離120.31kmの8本のSSが行われた。前日、不利な出走順により大幅にタイムロスしたタナクは、コンディションが比較的良かった午前中のSSで、2本のベストタイムと1本のセカンドベストタイムを記録。また、ラトバラも2、3番手のタイムを刻み、本来のパフォーマンスを発揮した。しかし、午後の再走SSでは前日同様、直前にヒストリックカーの走行があったためコンディションが悪化。その後、WRカーの走行が増えるほど路面の状態は改善されていったため、出走順が後方の選手が有利な状況となった。 そのため、出走順が早いタナクとラトバラはタイムが伸びず、それでもラトバラは前日よりもひとつ上の総合7位でデイ3を走りきった。タナクは午後2本目のSS13でスロー走行の前走車を抜かす際、接触があり大きくタイムをロス。しかし、その後SS15で今大会5回目のSSトップタイムをマークするなど、速さを示した。WRカーでのラリースウェーデン出場は今回初めてのラッピは、安定して5位前後のSSタイムを刻み続け、SS10で3番手タイムを、SS16では2番手タイムを記録。デイ2よりもひとつ順位を上げ、総合6位でデイ3を走破した。

トミ・マキネン(チーム代表)
「路面コンディションの影響により、今日も本当のパフォーマンスを発揮することができませんでした。午前中は良かったのですが、午後の再走SSが始まる前にヒストリックカーの走行があるため、午後はコンディションが変わるだろうと予想していました。そして、実際その通りになってしまったのです。大量の積雪と、その他いくつかの要因によって、選手権で上位につける選手たちが不利な戦いを強いられているのは残念です。とても不運な状況だと言わざるを得ません。しかし、我々の選手は全員良い走りをしていると思います。エサペッカは安定して良いタイムを記録し、順位をさらに上げることも可能だと思います。また、路面のコンディションが良ければ、最終SSのパワーステージで我々は多くのポイントを獲得することもできるはずです」

ヤリ-マティ・ラトバラ
「今朝はうまく行きました。良い感じで走ることができ、楽しんでドライブしました。しかし、午後はクルマが思うように動きませんでした。フロントのデファレンシャルが正確に作動せず多くのタイムを失いました。しかし、サービスでトランスミッションを交換したので、明日は大丈夫だと思います。きっと自信を持ってSSに臨むことができるはずなので、パワーステージではポイントを獲得するチャンスも訪れるはずです」

TOYOTA

オット・タナク
「全体的にペースはとても良く、昨日よりも楽しんで走ることができました。午前中は一貫して十分なグリップが感じられ、このラリー本来のコースコンディションで走ることができました。クルマはあのような路面では完璧で、とても良いフィーリングでした。しかし、午後は予想通りトリッキーなコンディションとなり、昨日と似たような状況でしたが、いくつかのクルマが我々の前に走っていたので、多少のラインが刻まれていました。明日は自分たちのベストを尽くし、パワーステージで何ができるのかを考えるつもりです」

TOYOTA

エサペッカ・ラッピ
「良い1日でした。昨日と同じようなペースを保ち、大部分のSSで5位以内のタイムを出せるようにコントロールしましたが、それがうまく行き非常に安定した走りをできました。サービスではクルマに少し変更を施しましたが、それが奏功し轍が刻まれた道でも安定して走ることができました。1台、2台とクルマが走るごとに路面はクリーンになっていったので、自分としてはあれ以上良いタイムを出すことはできなかったと思います。マッズ・オストベルグ選手との5位争いが続いていますが、もちろん明日は彼を抜かしたいと思っています」

TOYOTA

WRCスウェーデン SS16後暫定結果
1. ティエリー・ヌービル ヒュンダイi20クーペWRC +2:23:23.8
2. クレイグ・ブリーン シトロエンC3 WRC +22.7
3. アンドレアス・ミケルセン ヒュンダイi20クーペWRC +32.0
4. ヘイデン・パッドン ヒュンダイi20クーペWRC +48.6
5. マッズ・オストベルグ シトロエンC3 WRC +56.8
6. エサペッカ・ラッピ トヨタ・ヤリスWRC +1:05.8
7. ヤリ‐マティ・ラトバラ トヨタ・ヤリスWRC +2:03.3

8. テーム・スニネン フォード・フィエスタWRC +2:20.5
9. オット・タナク トヨタ・ヤリスWRC +3:41.3
10. セバスチャン・オジエ フォード・フィエスタWRC +4:24.9



RALLY PLUS