トヨタのタナックがシェイクダウン3番手タイム、ヤリスWRCの最終調整作業を完了 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

トヨタのタナックがシェイクダウン3番手タイム、ヤリスWRCの最終調整作業を完了

©TOYOTA

1月24日(水)、2018年FIA世界ラリー選手権(WRC)第1戦ラリーモンテカルロのシェイクダウンがフランス南部のギャップ近郊で行われた。TOYOTA GAZOO Racing WRTは、明日スタートする競技初日に向けてヤリスWRCの最終調整作業を実施。オィット・タナック/マルティン・ヤルベオヤ組が3番手タイムを、ヤリ-マティ・ラトバラ/ミーカ・アンティラ組が6番手タイムを、エサペッカ・ラッピ/ヤンネ・フェルム組が10番手タイムをそれぞれ記録した。

ラリーモンテカルロのシェイクダウンは、ギャップに置かれるサービスパークの北側エリアで午後4時から始まった。全長3.350kmのコースは実際のSSと同じくターマック(舗装路)で、好天に恵まれ路面コンディションはドライとなった。選手たちはヤリスWRCの最終セッティング作業を行い、コースやクルマの感触を確認した。

カイ・リンドストローム(スポーティング・ディレクター)
ラリーモンテカルロのシェイクダウンでは自信を高めることにより重きを置いていますが、今日はとても良い内容で終えることができました。走り終えた後はドライバー3人とも非常に良い表情をしていました。戦うための準備は万端です。今回は最初の2日間が我々にとって極めて重要な日になるだろうと考えていますが、今シーズン最初のラリーに向けて、すべてがうまく行っていると分かりましたので、とても良いフィーリングで臨めると思います。

ヤリ-マティ・ラトバラ
「シェイクダウンではクルマ、ドライビングのどちらも良いフィーリングだったので、とても嬉しく思います。最初の2本の走行ではコーナーのターンインに関して、完全には満足できなかったのですが、サービスでフロントのディファレンシャルを変更した後は曲がりやすくなりました。このラリーでは良いフィーリングと自信を得ることが最も重要ですが、シーズンをスタートする準備はすでに整っていると感じています。ただし、明日デイ1のシステロンでのSS1は全車にとって難しいものになるでしょう。SSの大部分はよくグリップしますが、ダウンヒルのストレート部分では凍っている部分もあるので、注意して走りたいと思います」

TOYOTA

オィット・タナック
「クルマは走り始めから非常に良い感じで、マシンについて何も不満はなくポジティブに走り終えることができました。実際のラリーでは今日のシェイクダウンとは大きく異なる路面コンディションとなるかもしれませんが、それでも良いフィーリングでラリーをスタートすることができそうです。明日の夜のSSは大きな挑戦となるでしょうが、できれば良いポジションで1日を終え、翌日以降の戦いに臨みたいと思います」

Naoki Kobayashi

エサペッカ・ラッピ
「シェイクダウンでは非常に良い感触を得ることができました。最初の2本の走行ではやや自信を持ち切れないところもありましたが、セッティングの小変更により大幅に改善することができました。今回のラリーではいつも以上に注意深く戦おうと考えています。モンテカルロでは様々なことが起こりうるので、このアプローチが日曜日に良い結果に繋がることを期待しています。今回は焦ることなく、ステップ・バイ・ステップでスピードを高めていくつもりです」

TOYOTA

競技初日となる1月25日(木)のデイ1は、夕方モナコのカジノ広場で行われるセレモニアルスタートで華やかに開幕する。モナコを出発した選手たちは、その後190km以上のリエゾン(移動区間)を走行し、現地時間で21時43分スタートのSS1(トアールーシステロン)、22時51分スタートのSS2(ベイヨン-ブレジエ)と、2本の夜間SSを走行する。最初の選手がギャップのサービスパークに戻ってくるのは、24時近くになる予定だ。2本のSSの合計距離は62.18km。リエゾン(移動区間)も含めた総走行距離は312.65kmとなっている。

ラリプラくんLINEスタンプ発売中!!