WRCモンテカルロ初日、3台のトヨタ・ヤリスWRCは4-6位発進 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCモンテカルロ初日、3台のトヨタ・ヤリスWRCは4-6位発進

©TOYOTA

1月25日(木)、2018年FIA世界ラリー選手権(WRC)第1戦ラリーモンテカルロのデイ1の競技がフランス南部で行われ、TOYOTA GAZOO Racing WRTのエサペッカ・ラッピ/ヤンネ・フェルム組(トヨタ・ヤリスWRC)が総合4位に、オィット・タナック/マルティン・ヤルヴェオヤ組が総合5位に、ヤリ-マティ・ラトバラ/ミーカ・アンティラ組が総合6位につけた。

2018年のWRC初戦ラリーモンテカルロは、午後5時50分からモナコのカジノ広場で始まったセレモニアルスタートで華やかに幕を開けた。その後選手たちはフランス山中を約190km走行し、SS1のスタート地であるトアールに到着。システロンへと至る36.69kmのSS1は、午後9時43分にスタートした。ドライのターマック、雪道、そして凍結路が入り混じる難易度の高いステージでは、多くのトップ選手がスピンやコースオフをするなど波乱含みの展開となった。しかし3台のヤリスWRCは難関のSS1、それに続くSS2と2本のナイトステージを走り抜き、競技初日を総合4、5、6位で終えた。

トミ・マキネン(チーム代表)
「予想していたとおり、システロンのSS1はどのドライバーにとってもドラマティックなものになった。暗闇の中最初のステージに臨むというシーズンの始まりかたは、WRCの中でも本当に難しいもの。自分がステアリングを握る立場でなくて良かったと思えるほどだ。我々のドライバーは良いポジションでサービスに戻ってくることができたし、明日はもっと違う内容のラリーになると思う」

TOYOTA

ヤリ-マティ・ラトバラ
「SS1のスタートではややナーバスなフィーリングがあり、凍った路面でどうなるのか不安だった。最初はうまくいっていたが、その後2回スピンしエンジンをストールしてしまった。とてもフラストレーションの溜まるドライビングを強いられ、かなりタイムロスしたが何とか乗り切ることができた。ただ、そのようなドラマに遭遇したのが自分だけではなかったと聞き、少し救われた。2本目のSSでは数カ所で少し注意深く走りすぎたが、タイムは問題なかったので明日も頑張りたい」

Red Bull

オィット・タナック
「コースの路面状態はとても難しく、実にモンテカルロらしいスタートになった。SS1の最初の1kmは完全なドライコンディションだったが、その後は全面氷に覆われたような路面だった。途中の凍結路面では左前輪を雪壁に引っ掛けてしまい、マシンがスライドしストップした。バックをしなくてはならなかったが、すぐに走り出せたのでラッキーだった。今日、我々のタイヤ選択は少し攻めすぎていたのかもしれない。SS2に向けてサスペンションのセッティングを少し変更したところ、タイヤのグリップが良くなり走りを楽しめるようになった。明日は降雨の可能性が高いようなので、情報をよく分析し、正しいセッティングに仕上げる必要がある」

TOYOTA

エサペッカ・ラッピ
「正直なところ、今日のリザルトを見てとても驚いている。最初のステージはとても難しいコンディションだったが、うまく走ることができた。2本目のSSは他の選手たちが良く知っているステージで、昨年自分はあまりうまく走れなかったSSなので、タイムを失うことになるだろうと予想していた。道にはすでに多くの砂利が出ており、そのような汚れた路面で自信を少しなくしていたので、やや慎重に走り過ぎたと思う。とはいえ、良い滑り出しだ。明日も同じように戦いたい」

TOYOTA

WRCモンテカルロ デイ1暫定結果
1. セバスチャン・オジエ フォード・フィエスタWRC 38:09.8
2. アンドレアス・ミケルセン ヒュンダイi20クーペWRC +17.3
3. ダニ・ソルド ヒュンダイi20クーペWRC +25.6
4. エサペッカ・ラッピ トヨタ・ヤリスWRC +37.4
5. オィット・タナック トヨタ・ヤリスWRC +42.4
6. ヤリ‐マティ・ラトバラ トヨタ・ヤリスWRC +55.4

7. クレイグ・ブリーン シトロエンC3 WRC +1:02.3
8. ブライアン・ブフィエ フォード・フィエスタWRC +1:51.0
9. クリス・ミーク シトロエンC3 WRC +2:12.7
10. エリック・カミリ フォード・フィエスタR5 +2:42.2



ヘルメットのペイントはじめました!