WRCモンテカルロ:トヨタのタナックが2度のSSベストタイムで総合2位浮上 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCモンテカルロ:トヨタのタナックが2度のSSベストタイムで総合2位浮上

©TOYOTA

1月26日(金)、2018年FIA世界ラリー選手権(WRC)第1戦ラリーモンテカルロの競技2日目が、フランス南部ギャップを中心に行われた。TOYOTA GAZOO Racing WRTのオィット・タナック/マルティン・ヤルヴェオヤ組は総合2位に、エサペッカ・ラッピ/ヤンネ・フェルム組が総合4位に、ヤリ-マティ・ラトバラ/ミーカ・アンティラ組が総合5位につけ、ヤリスWRCは全3台がトップ5に入る健闘を見せた。

デイ2は、サービスパークの南側エリアで3本のステージを各2回走行する、全6本のSSが行われた。デイ1終了時点でトップと42.4秒差の総合5位につけていたタナックは、SS3でチーム移籍後初となるトップタイムを記録し、総合4位に浮上。さらにSS4では総合3位に、SS5では総合2位に順位を上げた。そして、午後最初のSS6では2回目のSSベストタイムをマークし、続くSS7では強い雨が降る中3番手タイムを記録。首位とのタイム差を大幅に縮め、最終的には14.9秒差にまで迫った。また、前日4位だったラッピは安定した走りを続け、ポジションを堅持。ラトバラは6位から5位に順位を上げ、ラッピの0.2秒後方につけるなど、両選手とも十分に表彰台を狙える位置で1日を終えた。

トミ・マキネン(チーム代表)
「とてもポジティブな1日だった。オットのパフォーマンスは信じられないほど素晴らしく、ここまで彼がやってきたことと、習得の早さに我々全員が驚いている。彼の今後がとても楽しみです。彼はこのクルマでどんどん経験を重ねてきているし、明日も非常に速いはずだと確信している。我々のチームは、強さを備えているという自信がある。エサペッカの出走順はあまり良くなかったが、それでも、朝は特に良いスピードを示してくれた。また、ヤリ-マティは午後のステージで走りが良くなった。ラリーはまだあと2日間ある。明日は雪で難しいコンディションになるかもしれないが、きっと大丈夫だろう」

ヤリ-マティ・ラトバラ
「今朝はマシンの動きに少し苦労し、コーナーで良いフィーリングを得ることができなかった。しかし、午後に向けてディファレンシャルを少し調整したところ、だいぶ良くなった。それでも、水が溜まっている路面ではあまり強気に行くことができず、タイムをロスしてしまった。その点を除けば、クルマは良くなってきている。私たちはエサペッカと良いバトルを展開しており、お互い表彰台からそれほど遠くない位置につけている。まずは今日の勢いをキープし、結果を待ちたい」

TOYOTA

オィット・タナック
「2位で1日を終えることができ、とてもポジティブな気分だ。今日はクルマにいくつか改良を施したが、それがすべてのステージで自信向上に繋がった。常に学びを続け、クルマをより深く理解するという作業を明日以降も続けたい。今日は多くの選手がミスをおかしたので、クレバーなドライビングを続けることを心がけた。もうこれ以上激しく攻める必要はない。このラリーは純粋なスピードだけで結果が決まるわけでなく、安定した走りや賢明な判断こそが重要だと思う」

TOYOTA

エサペッカ・ラッピ
「細心の注意を払ってラリーに臨むという自分の戦略はうまく作用し、それが良い結果に繋がっている。とにかくミスをしないように走り続けたが、それでも表彰台を狙える位置につけられているので、満足している。ここまでのところ、チーム全体としてのパフォーマンスも良好だが、まだ先は長く、明日は降雪も予想されるなどコンディションはさらに難しくなるだろう。それでも、タイヤ選択さえ誤らなければ、きっとうまく行くはずだ」

TOYOTA

競技3日目となる1月27日(土)は、ギャップの北側エリアで2本のステージを各2回走行し、その後南東エリアでSS13として1本のSSを行う。SSを走行後ラリーカーはサービスパークで整備を受け、競技最終日デイ4の基点となるモナコへと移動する。5本のSSの合計距離は117.55km、リエゾン(移動区間)も含めた1日の総走行距離は658.57kmとなっている。

WRCモンテカルロ デイ2暫定結果
1. セバスチャン・オジエ フォード・フィエスタWRC 2:07:15.4
2. オィット・タナック トヨタ・ヤリスWRC +14.9
3. ダニ・ソルド ヒュンダイi20クーペWRC +59.7
4. エサペッカ・ラッピ トヨタ・ヤリスWRC +1:09.9
5. ヤリ‐マティ・ラトバラ トヨタ・ヤリスWRC +1:10.1

6. クリス・ミーク シトロエンC3 WRC +2:45.4
7. ブライアン・ブフィエ フォード・フィエスタWRC +3:34.6
8. エルフィン・エバンス フォード・フィエスタWRC +4:01.7
9. ティエリー・ヌービル ヒュンダイi20クーペWRC +4:04.1
10. クレイグ・ブリーン シトロエンC3 WRC +5:06.6



ワールドラリーカレンダー2021発売中!!