WRC日本戦、2019年開催に向けて正式立候補を表明 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRC日本戦、2019年開催に向けて正式立候補を表明

 

1月12日、千葉県の幕張メッセで報道関係者向けの公開が始まった東京オートサロンでは、出展各社・団体によるメディアカンファレンスが続々と予定されている。その皮切りに行われたのが、WRC日本ラウンド招致準備委員会による発表会だ。

会場となった幕張メッセのプロセニアムデッキには「2019年 WRCを日本へ!」と大々的なメッセージが掲げられていた。冒頭に、日本戦を目指す大会の競技主催団体トヨタ・モータースポーツ・クラブ(TMSC)の会長、舘信秀氏が登壇。主催者として、10年ぶりとなる日本でのWRC開催を目指すべく、1月15日にJAFへ2019年度の開催申請を行うことを正式発表した。

次に、WRC日本ラウンド招致準備委員会を発足させた日本国内のローカルプロモーターを務めるサンズの高橋浩司氏が、開催ビジョンについて説明。開催地は愛知県・岐阜県を含む中部地域で、イベント施設として愛・地球博記念公園、通称モリコロパークの使用を計画しているという。競技路面はターマックを想定し、会期は2019年11月を予定しているという。

今後は、2018年11月に開催予定地域にてリハーサルイベントを実施した上で、例年12月ころにFIAがワールドモータースポーツカウンシルを経て確定するWRC開催カレンダーに掲載されれば、正式な開催決定となる。

大会名称など詳細については確定していない部分がほとんどで、決定次第、順次発表していくという。また、招致活動や開催計画の構築に併せて、招致委員会も順次拡大していくとのことだ。

RALLY CARS