トヨタが2018年仕様ヤリスWRCを公開、空力バランスと冷却性能を向上 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

トヨタが2018年仕様ヤリスWRCを公開、空力バランスと冷却性能を向上

©TOYOTA

TOYOTA GAZOO Racing WRTは、イギリス・バーミンガムで1月11日(木)~14日(日)に開催中のオートスポーツ・インターナショナル・ショーで、2018年仕様のヤリスWRCを公開した。

新たなモータースポーツ・シーズンの幕開けを告げるイベントとして親しまれているオートスポーツ・インターナショナル・ショーの初日、FIA世界ラリー選手権(WRC)で競い合う4つのマニュファクチャラーが一同に会し、2018年シーズンの合同発表会を実施した。TOYOTA GAZOO Racing WRTはここで、多くの改善が施された最新のヤリスWRCを披露した。

最も目立った改良点は、ヤリスWRCのフロント周りの空力パッケージだろう。新形状のフロントバンパーとフェンダーにより車体前方で発生するダウンフォースを向上させ、前後の空力バランスを改善している。また、気温の高い地域でのラリーに備え、冷却系にも改良が施された。

TOYOTA

TOYOTA

TOYOTA

チームは、1月25日(木)~28日(日)に行われるWRC開幕戦ラリーモンテカルロに向けて、改良したヤリスWRCでテストを重ね、最終準備を行っている。“学びの年”と位置づけた2017年シーズンで得たデータを活かし、参戦2年目となる2018年シーズンの飛躍を期待したい。

チーム代表のトミ・マキネンは「多くのモータースポーツファンが集まるオートスポーツ・インターナショナル・ショーで、2018年シーズンの発表会に参加することができ、嬉しく思う」と胸の内を語る。
「昨年、チームの皆の努力の結晶であるヤリスWRCは、ラリーに勝つことが出来るクルマであると分かったが、同時にライバルとの競争を通じ、我々にはまだまだ改善すべき点があることも数多く学んだ。それらの学びから、フロントの改良によるエアロダイナミクスパフォーマンスの向上と冷却系の改良をすることができた。今シーズンも更なる学びが得られるであろうとワクワクしている。“もっといいクルマ”を作っていきたい」

RALLY PLUS