2018年WRCモンテカルロは寂しい顔ぶれに? – RALLYPLUS.NET ラリープラス

2018年WRCモンテカルロは寂しい顔ぶれに?

©M-SPORT / @World

2018年もWRCの開幕戦を務めるラリーモンテカルロだが、主催者からの話によるとエントリーの顔ぶれは驚くほど寂しい状況となりそうだ。

マニュファクチャラーズ選手権にエントリーする4チームはすべて参戦するが、ドライバーラインナップについてはどのチームもこれまでに発表を行っていない。Mスポーツに到っては3番目のクルーをまだ登録しておらず、シトロエンは2台のみのエントリーとなる模様だ。

WRC2にエントリーするのは、わずか5組(シュコダ・モータースポーツは、開幕戦にはワークス参戦しないことを既に発表済み)で、WRC3は3台。シュコダのワークスドライバーたちはプライベーターとして参戦する模様で、カッレ・ロバンペラはトニ・ガルデマイスター率いるTGSからエントリーする。オーレ・クリスチャン・ベイビーはプリントスポーツが走らせるのではと思われる。

モンテカルロ戦のエントリーは、公式には12月22日で締め切られているが、エントリーリストの発行は年明けの1月12日を予定。それまでに、著名ドライバーのエントリーが増えることが期待される。
(Martin Holmes)



ワールドラリーカレンダー2021発売中!!