WRC日本招致:大会主催者の舘氏「自分もラリー車開発に関わっていた」 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRC日本招致:大会主催者の舘氏「自分もラリー車開発に関わっていた」

©Hiroyuki Takii

10年ぶりとなるWRC開催に立候補を表明した日本。競技主催を担うトヨタ・モータースポーツ・クラブ(TMSC)の会長、舘信秀氏は、表明を行った会見において、自身がトヨタのワークスドライバー時代に、ラリー車の開発にも関わっていたことに言及した。

「トヨタがWRCに復帰し、日本国内でもWRCが盛り上がっていると認識している」と舘氏。
「まさに、日本でWRCを開催する機運が熟したと思っている。TMSCは、JAFの公認クラブとしては一番古いクラブ。以前はラリーの開催も積極的にも行っていた。私自身も、トヨタのワークスドライバーをしていた頃に、ラリー車の開発に勤しんだこともある」

「しかし、TMSCだけで開催が実現できるとも思っていない。全国のラリーを開催している主催者のみなさんや、各位からのご協力が何としても必要。2019年の開催に向けて、みなさんのお力をお借りしたい」と協力を呼びかけた。



ワールドラリーカレンダー2019