スバル「WRXコンセプト」をNYショーで発表! – RALLYPLUS.NET ラリープラス

スバル「WRXコンセプト」をNYショーで発表!

 

 富士重工業は、本日、米国ニューヨークで開催中の2013年ニューヨーク国際自動車ショーにおいて、「スバルWRXコンセプト」を世界初公開した。

 スバルWRXコンセプトは“次期インプレッサWRXシリーズをイメージしたデザインコンセプトカー”。感性に訴えるエキサイティングな走りをデザインで表現したものだという。

 プレスリリースには、スバルWRXコンセプトの主な特長として以下が挙げられている。

 フロントデザインは、WRXらしい、奥行き感と立体感を強めたアグレッシブなデザインで安定感のあるたたずまいを表現。
 立体感のあるメッシュパターンを用いてスポーティさを高めたヘキサゴングリル、シャープなヘッドライトは他のスバル車にも共通するモチーフを用いて表現し、一目でスバルと分かる精悍なフロントフェイスをデザインした。

 フロントバンパーの大きな開口部、エンジンフードスクープ、フェンダーダクトはターボエンジンによるパフォーマンスを印象づける。
 左右に大きく張り出したフェンダーを溶け込ませた塊感のあるデザインで、WRXが持つ力強いドライビングパフォーマンスを表現。
 リヤエンドは、フロントと同じヘキサゴンモチーフを採用し、トランクリッドにもエッジを効かせ、シャープでダイナミックなデザインとした。
 ルーフにはカーボンルーフを装着。さらなる軽量化と低重心化により、WRXならではの卓越したハンドリング性能を一層高める。
 エクステリアカラーには「WRブルー・パールⅢ」を採用。
 ボディサイズ(全長×全幅×全高):4520×1890×1390mm、ホイールベース:2760㎜

 気になる排気量については言及されていない。



RALLY CARS
RALLY PLUS