WRC復帰初年度の最終戦に挑むトヨタ勢、ラトバラがシェイクダウン4番手タイムを記録 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRC復帰初年度の最終戦に挑むトヨタ勢、ラトバラがシェイクダウン4番手タイムを記録

©TOYOTA

11月16日(木)、2017年FIA世界ラリー選手権(WRC)第13戦ラリーオーストラリアのシェイクダウンが、オーストラリア東部のコフスハーバー近郊で行なわれ、TOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamのヤリ-マティ・ラトバラ/ミーカ・アンティラ組(トヨタ・ヤリスWRC)が4番手タイムを、エサペッカ・ラッピ/ヤンネ・フェルム組(ヤリスWRC)が8番手タイムを記録。明日から始まるSSに向けて、ヤリスWRCのセッティング作業を行なった。

全長5.02kmのグラベルコースで行なわれたシェイクダウンでは、ラトバラが4回の走行を実施。そして4回目のアタックで3回目のタイムを約1秒上回る好タイムを記録した。ただし、その時サイドシートに座っていたのはレギュラーのコ・ドライバーであるミーカ・アンティラではなく、オーストラリアでもっとも人気があるニュース番組「NBNニュース チャンネル9」のプレゼンターである、サラ・ジーン・ベルさんだった。シェイクダウンでシステムの確認を行なった2台のヤリスWRCは、今晩開催されるコフスハーバー市内でのセレモニアルスタートを経て、明日からグラベル(未舗装路)ステージで今季最後の戦いに臨む。

トム・ファウラー(チーフ・エンジニア)
「シェイクダウンは適切なコースで行なわれ、ヤリ-マティは4回目の走行時にそれまでよりも約1秒速いタイムを記録した。その時ヤリ-マティはゲストを横に乗せて走ったのだが、きっと彼女にとってはスリリングな経験だっただろう。我々は2台のクルマで異なる戦略を実施し、最高のセッティングを得るべく微妙に異なる2種類のフロントサスペンションを試した。そしてチームワークに支えられてのシェイクダウン作業により、大幅なタイム更新が可能となった。それ以外にも、ラリーに合わせたエンジンセッティングの最適化を実施したが、それはいつもシェイクダウンで行なっている通常の調整作業だ。今晩はステージがないため、普段よりもリラックスした雰囲気の木曜日。サービスパークもとても静かだった。シェイクダウンでは良いスタートをきることができたので、明日からも好調を維持できればと思う」

ヤリ-マティ・ラトバラ
「オーストラリアはいつも、素晴らしい休日のようなリラックスした雰囲気の中でラリーが行なわれる。ステージは流れるように高速でドライブが面白く、楽しみにしているラリーのひとつ。直近の2戦は少し苦労したが、ようやく本来の調子を取り戻したと思う。これまでのところクルマには満足している。競技初日となる明日のデイ1はもっとも難易度が高く、最初から全力で挑まなくてはならない。いくつかの高速なセクションではアクセル全開で行けるかどうかの判断が難しく、長くて速いコーナーでは、自信を持って思いきり攻めることができた者が良いタイムを記録できる。表彰台でシーズンを終えることができればとても素晴らしいし、それが今回のラリーでの私の目標だ」

TOYOTA

エサペッカ・ラッピ
「私にとってオーストラリアは大きな挑戦。特に森の中のステージは高速で、なおかつ土煙が問題となる。また、木々の間から差し込む光によって、明るいところと暗いところの明暗差が大きく、視界の面でも難がある。私にとっていくつかのSSは初めて走ることになるが、5年ほど前のラリールートには含まれていたSSなので、他の選手は既に経験がある。レッキではその経験の差を埋めようと努力した。シェイクダウンは、ここ3戦の中でもっともうまく行き、大きな自信を持つことができた。最初のコーナーから良いフィーリングが得られ、今年最初にラリーに出た時の事を思い出した。今回は、できるだけ上位でのフィニッシュすることを目標に頑張る」

TOYOTA

競技初日となる11月17日(金)のデイ1は、サービスパークが置かれるコフスハーバーの北側エリアが戦いの舞台となる。3本の新設グラベルSSを各2回走行し、1日の終わりにはコフスハーバー沿岸の特設コースで2本のスーパーSSが行なわれる。8本のSSの合計距離は113.42km、リエゾン(移動区間)も含めた総走行距離は311.80kmとなる。

(チームリリース)



ワールドラリーカレンダー2019