WRCスペイン:オジエ「手には水ぶくれ、でも最後まであきらめない」デイ1コメント集  – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCスペイン:オジエ「手には水ぶくれ、でも最後まであきらめない」デイ1コメント集 

©Naoki Kobayashi

ラリースペイン、デイ1終了後の各ドライバーからのコメント(抜粋)。セバスチャン・オジエはSS1でトップタイムを刻み順調に滑り出したかに見えたが、SS2ではパワステトラブルに見舞われ、ハイパワーマシンを自分の腕力だけでねじ伏せこの日を走り切った。WRC7連覇は難しい状況となったが、最後の最後まであきらめない姿勢を見せつけた。

[ヒュンダイ・モータースポーツ]
ヒュンダイi20クーペ WRC

■セバスチャン・ローブ/総合首位

Hyundai Motorsport GmbH


「チームにとって、素晴らしい1日になったね! まだ週末は始まったばかりだが、このラリーをリードしているのは最高の気分だ。午前中はタイヤ戦略の勝負のようなところがあり、ハードコンパウンドを活かしたパフォーマンスが出せたのはループの終盤だけだった。序盤のステージは、とにかくスリッパリーだった。午後はよくなり、ずっといいフィーリングを保てた。最後のステージではマシンが完璧で、とにかくぶっ飛ばせた。プッシュしたし、初日をチームが1−2−3につけて終えられて上々の出来」

■ティエリー・ヌービル/総合2位

Hyundai Motorsport GmbH


「最高のかたちでこのラリーを滑り出せたし、マシンの動きもとてもいい。午前はポジティブなループになり、午後も同じ流れを続けた。トリッキーなセクションもあったが、集中を維持して効率的な走りに努めた。最後のステージは、視界の問題で特にタフだった。日差しが低い上に霧も出ていたので、集中を維持し続ければならなかった。最後のヘアピンで1、2秒ロスした以外は、ほぼ完璧な1日だった」

■ダニ・ソルド/総合3位

Hyundai Motorsport GmbH


「全体としていい1日になったし、チームもトップ3を独占していい感じだ。グリップレベルは変わりやすかったが、マシンはとても動きがよかった。唯一残念なのは、午前のループの終わりまで5kmというところでのパンク。これでタイムをロスしたし、午後の締めくくりも少し残念だった。ドライブが難しい場所もあったが、すぐに問題になるようなことでもなかった。今日のパフォーマンスには満足していいと思う」

[トヨタ・ガズーレーシングWRT]
トヨタ・ヤリスWRC

■クリス・ミーク/総合4位

Toyota Gazoo Racing WRC


「今日の朝はセットアップに少し苦戦したので、バンプが越えにくかった。特にSS3のロングステージだね。でも、午後はすべてが噛み合った。マシンの感じは格段に変わったし、より信頼できるようになった。スタート前は、今日を終える時点で首位に10秒以内差につけておきたいと言っていたが、いま13秒差なのでそう悪くはない。今年はターマックでいいペースを出せているし、ヤリスWRCの動きもいいので、ラリーの残りが楽しみだよ」

■オィット・タナック/総合5位

Toyota Gazoo Racing WRC


「本当にタフで厳しい1日だった。最初のループで砂利を履かなくてはならなかったので常にスリッパリーだったが、対応できる範囲だった。2ループ目のコンディションはいつも難しくなるので、すごくストレスが溜まることもある。できる限りプッシュして、全力を尽くした。明日は全く違う1日になるので、強く戦いたい」

■ヤリ‐マティ・ラトバラ/総合6位

Toyota Gazoo Racing WRC


「今日のグラベルは、昨年ほどシンプルではなかった。今週はじめに雨が降ったのでグリップレベルはかなり低く、今朝はより難しかった。午後はグリップはかなり安定していたが、轍が多かった。午前はあまり自信が持てなかったが、サービスでサスペンションに変更を行って、午後は戦えるようになった。今はかなりリラックスできて自信も高まっているので、ターマックの2日間を楽しみにしている」

[Mスポーツ・フォードWRT]
フォード・フィエスタWRC

■エルフィン・エバンス/総合7位

M-Sport


「かなりいい戦いができる流れになっていたが、思うような終わり方にはならなかった。いい速さが出ていた時もあったが、最後のステージではかなりひどいミスファイアが出ていた。リエゾンで少し変更を行い、またよくなったので、そういう時もあるということ。明日からのターマックでは、最初から調子をつかまなくてはならない」

■テーム・スニネン/総合8位

M-Sport


「午後はいいリズムをつかみ、マシンのフィーリングもとてもよかった。好タイムを狙っていったし、それができてうれしい。でも、ロングステージでのタイヤマネジメントは、あまりうまくできなかった。1回目ではハードにプッシュしすぎて、2回目はプッシュが足りなかった。こういったところの改善が自分には必要だが、今はまだ学んでいるところなので、しっかりメモして宿題を終わらせるよ」

[シトロエン・トタルWRT]
シトロエンC3 WRC

■セバスチャン・オジエ/総合17位
「SS2のスタートでパワーステアリングがほとんど使えなくなり、それからギヤシフトのパドル、最終的にセンターデファレンシャルと使えなくなった。パワステなしでドライブするのは体力的に本当にハードで、終わりには手に水ぶくれができた。狙っているものがあったので、もちろん残念だ。タイヤも当たっていたし、最初のステージでのタイムでいいフィーリングをつかんでいたことが分かってもらえるだろう。今晩はチームのみんながみんな落胆しているが、もちろん自分たちはプロだし、自分たちのアプローチはどんな時でも絶対にあきらめないこと。ラリーを終えるまで、どうなるかは分からない」

■エサペッカ・ラッピ/SS5でラリーリタイア

CITROEN


「こんなに早く自分のラリーが終わってしまって残念だ。特に、あそこまでは、かなり手堅く安定した1日になっていたからね。差は小さかったし、上を目指していた。C3 WRCの感じもよかったからね。あとは、次のオーストラリアを楽しみにして、できる限りいいリザルトでシーズンを終えることを目指すよ」

ラリプラくんLINEスタンプ発売中!!