WRCアルゼンチン:SS1はオジエがローブに勝利 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCアルゼンチン:SS1はオジエがローブに勝利

 

 WRCアルゼンチンのSS1は、2台同時に走行する6kmのスーパーSS。3kmの特設サーキットをそれぞれ2周ずつ走行する。

 2台同時走行のペアは、それぞれに魅力的な対戦カードが組まれた。

・プライベーター対決
 マルティン・プロコップ(フォード)vsミカル・コシューツコ(MINI)
・若手対決
 アンドレアス・ミケルセン(フォルクスワーゲン)vsティエリー・ヌービル
・フォードvsシトロエン
 マッズ・オストベルグ(カタールMスポーツ)vsダニ・ソルド(シトロエン)
・元フォードのチームメイト対決
 ミッコ・ヒルボネン(シトロエン)vsヤリ-マティ・ラトバラ(フォルクスワーゲン)
・シトロエン時代のチームメイト&永遠のライバル対決
 セバスチャン・ローブ(シトロエン)vsセバスチャン・オジエ(フォルクスワーゲン)

 そんななかでトップタイムを刻んだのはオジエだった。直接対決でローブに2.2秒差をつけて、まずは首位に立つ。「ラリーのスタートは明日だ。でも、このステージは心から楽しめたよ」とオジエ。

 208T16でのパイクス参戦を発表したものの、アルゼンチン前のグラベルテストを行わず不安を抱えていたローブは、「それにしてもすごい観客だね。オジエは本当に速かった。いいステージだったけど多くのミスをしてしまった、いつもはこんなにないんだけど……」と悔しさをにじませる。

 2番手は1.9秒差のソルド。以下、3番手ローブ、4番手ラトバラ、5番手ミケルセン、6番手ヒルボネン、7番手オストベルグ、8番手ヌービルと続いている。

【SS1後暫定順位】
1:S.オジエ 4:42.1
2:D.ソルド +1.9 
3:S.ローブ +2.2 
4:J.ラトバラ +3.8 
5:A.ミケルセン +3.9 
6:M.ヒルボネン +4.2



RALLY PLUS
ワールドラリーカレンダー2018