スバル「レガシィ アウトバック/B4」安全性能を強化した大幅改良モデルを発表 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

スバル「レガシィ アウトバック/B4」安全性能を強化した大幅改良モデルを発表

©SUBARU

スバルは、「レガシィ アウトバック/B4」の大幅改良モデルを10月5日に発売することを発表した。

今回の大幅改良では運転支援システム「アイサイト」の進化をはじめとする安全性能の強化がおこなわれ、「アイサイト」の機能として、後退時自動ブレーキシステムを追加し、全車速域追従機能付クルーズコントロールの車速域を0km/h~約120km/hに拡大したほか、「アイサイトセイフティプラス」としてフロント&サイドビューモニターや、ハイビーム照射時に対向車や先行車への眩惑を防ぐアダプティブドライビングビームを採用。更に、ステアリング連動ヘッドランプも搭載した。

走行性能の面では、サスペンションのチューニング変更や電動パワーステアリングの改良により、フラットな乗り心地と安定感のあるリニアなハンドリングを実現。加えて、エンジン部品の軽量化やフリクション低減及び制御の見直しや、リニアトロニックチェーンの改良により、燃費と静粛性の向上を実現した。

SUBARU

エクステリアは、「アウトバック」と「B4」のそれぞれの個性を更に際立たせるデザインに一新。また、新色の「ワイルドネスグリーン・メタリック」と「クリムゾンレッド・パール」が採用されている。インテリアではインストルメントパネルにダブルステッチを施したほか、小径化した新デザインのステアリングホイールを採用して質感を向上。また、後席USB電源の追加やオートドアロック機能の採用等により、ドライブにおける乗員の利便性も大きく高められている。

価格は、アウトバックが329万4000円、B4が302万4000円からとなっている。



RALLY CARS